カテゴリ:Arch の入手とインストール

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

このカテゴリは Arch Linux のリリース、ダウンロード、インストールについての記事を含みます。

インストールメディアとその GnuPG 署名は ダウンロード ページから入手できます。

署名の検証

イメージを使う前に署名を検証することを推奨します。HTTP ミラーからダウンロードした場合は特にそうです。ミラーはボランティアによって運営されており、悪意のあるイメージを提供している 可能性もあるからです。

GnuPG がインストールされているシステムで署名を検証するには、(チェックサムの下にある) PGP 署名を ISO と同じディレクトリにダウンロードし、gpg --keyserver-options auto-key-retrieve --verify archlinux-<version>-dual.iso.sig を実行します。

別の方法としては、既存の Arch Linux システムから pacman-key -v archlinux-<version>-dual.iso.sig を実行する方法もあります。

ノート:
  • archlinuxjp.org に記載されていないミラーサイトからダウンロードした場合は署名自体が改ざんされていることもあり得ます。信頼がおけないミラーサイトからダウンロードした場合は、署名を復号化するのに使われる公開鍵が別の信頼できる鍵によって署名されていることを確認してください。gpg コマンドを使うと公開鍵の指紋を出力できます。
  • 署名の真正性を検証する別の方法としては、公開鍵の指紋が ISO ファイルを署名した Arch Linux 開発者 の鍵指紋と同じであることを確認します。鍵の信頼性を確認する方法についてより詳しくは公開鍵暗号を参照してください。

インストール方法

以下の表はインストールメディアを起動する一般的な方法の概要を示しています。インストールの手順中にリモートのリポジトリからパッケージを取得するため、これらの方法はインターネットに接続できることが必要になります。インターネットが利用できない場合はパッケージのオフラインインストールArchiso#インターネットにアクセスできない環境でのインストールを参照してください。

ノート:
  • POST の段階で特定のキーを押すことで起動デバイスとして Arch のインストールメディアが挿入されているドライブを指定します。詳しくはマザーボードのマニュアルを読んでください。
  • Arch のメニューが表示されたら Boot Arch Linux を選択してから Enter を押してインストール環境を起動してください。
  • ブートパラメータのリストは README.bootparams を、含まれているパッケージのリストは packages.both を見てください。
方法 記事 条件
イメージをフラッシュメディアや光学ディスクに書き込んでそこから起動する。
  • 1台、または多くとも2,3台のマシンへのインストール
  • 直接ブート可能なシステムが得られる
サーバーでイメージをマウントし、クライアントにネットワーク越しでサーバーから起動させる。
  • クライアント・サーバーモデル
  • (1 Gbit 以上の) 有線ネットワーク接続
既存の Linux でイメージをマウントし、chroot 環境から Arch をインストールする。
  • 短いダウンタイムで既存のシステムを置き換える
  • ローカルマシンへのインストール、または VNCSSH 経由でリモートマシンへのインストール
仮想マシンをセットアップして Arch をゲストとしてインストールする。
  • 仮想化ソフトウェアが動作する OS
  • 学習・テスト・デバッグ用の隔離されたシステムが得られる
Windows 環境と共存するように Arch をインストールする。
  • Windows ユーザーと共有できるマシン
  • Windows がプリインストールされたデバイスを簡単にファクトリーリセットできること
Windows Subsystem for Linux に Arch をインストールする。
  • Windows 10 Creators Update 以上が動作しているマシン
  • ネットワークアクセスでないかぎり GUI 無し

参考