キーボードバックライト

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

全メーカー共通

D-Bus インタフェース経由でコンピュータのキーボードのバックライトを制御することができます。D-Bus を使用する利点は、デバイスファイルへの変更が必要なく、全てのメーカーで使えることです。

以下に Python 3 での実装例を示します。/usr/local/bin/ にスクリプトを置き、実行可能にします。/usr/local/bin/kb-light.py +/usr/local/bin/kb-light.py - を実行するキーボードショートカットを作成することでキーボードの輝度を変えることができます。

/usr/local/bin/kb-light.py
#!/usr/bin/env python3
# coding: utf-8

from sys import argv
import dbus


def kb_light_set(delta):
    bus = dbus.SystemBus()
    kbd_backlight_proxy = bus.get_object(org.freedesktop.UPower, /org/freedesktop/UPower/KbdBacklight)
    kbd_backlight = dbus.Interface(kbd_backlight_proxy, org.freedesktop.UPower.KbdBacklight)

    current = kbd_backlight.GetBrightness()
    maximum = kbd_backlight.GetMaxBrightness()
    new = max(0, current + delta)

    if new >= 0 and new <= maximum:
        current = new
        kbd_backlight.SetBrightness(current)

    # Return current backlight level percentage
    return 100 * current / maximum

if __name__ == __main__:
    if len(argv[1:]) == 1:
        if argv[1] == "--up" or argv[1] == "+":
            # ./kb-light.py (+|--up) to increment
            print(kb_light_set(1))
        elif argv[1] == "--down" or argv[1] == "-":
            # ./kb-light.py (-|--down) to decrement
            print(kb_light_set(-1))
        else:
            print("Unknown argument:", argv[1])
    else:
        print("Script takes exactly one argument.", len(argv[1:]), "arguments provided.")

Asus

警告: 以下の方法は推奨しません。誰でもキーボードバックライトのデバイスファイルに変更できるようにしてしまいます。

キーボードバックライトのデバイスファイルは、通常、編集できないようになっています。起動時にファイルを編集できるようにするには、systemd サービスを作成する必要があります:

/usr/lib/systemd/system/asus-kbd-backlight.service
[Unit]
Description=Asus Keyboard Backlight
Wants=systemd-backlight@leds:asus::kbd_backlight.service
After=systemd-backlight@leds:asus::kbd_backlight.service

[Service]
Type=oneshot
RemainAfterExit=yes
ExecStart=/bin/chmod 666 /sys/class/leds/asus::kbd_backlight/brightness

[Install]
WantedBy=multi-user.target

これでキーボードバックライトを変化させるスクリプト (例: ASUS G55VW#キーボードバックライトスクリプト) を使用できるようになります。