デジタルカメラ

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

この記事ではデジタルカメラにアクセスするための libgphoto2 の設定のドキュメントです。デジタルカメラによっては通常の USB ストレージデバイスとしてマウントされるので libgphoto2 を使う必要がないかもしれません。

ノート: libgphoto2 バージョン 2.14.13 現在、ユーザーは camera グループに属している必要はありません。

GNOME

GNOME FilesMTP によるデジタルカメラとスマートフォンへのアクセスをサポートしており、2つのバックエンドが存在します: libmtp を使用する新しい gvfs-mtp と、libgphoto2 を使用する古い gvfs-gphoto2 です。

gvfs-mtp をインストールしていれば、Files のサイドバーにデバイスが表示されるはずです。

libgphoto2

Libgphoto2 は Digikam や gphoto2 などの外部(フロントエンド)プログラムによってデジタルカメラにアクセスするために設計されています。現在'公式に'サポートしているカメラの一覧はここにあります(サポートされていないものにも動くものが多くあります)。

インストール

公式リポジトリから libgphoto2インストールしてください。GNOME Files の統合は gvfs-gphoto2 を、コマンドラインインターフェイスは gphoto2 をインストールしてください (任意)。

パーミッション問題

ローカルセッションのユーザーにカメラのパーミッションを与えるのには ACL が使われます。これが機能しない場合は一般的なトラブルシューティング#セッションのパーミッションを見て下さい。

リモート (SSH) セッションでもパーミッションを使うには、必要なユーザーに既に使われていない camera グループを追加し、以下のように新しい udev ルールを作って下さい:

# /usr/lib/libgphoto2/print-camera-list udev-rules version 175 group camera > /etc/udev/rules.d/40-gphoto.rules

このルールは新しく追加されたカメラデバイスに適用されます。

カメラが udev ルールに現れない場合、カメラのベンダーと製品 ID をチェックして、それらを加えて下さい。ベンダーと ID を確認するには:

# lsusb
 ...
 Bus 001 Device 005: ID 04a9:318e Canon, Inc.
 ...

GPhoto2 の使い方

GPhoto2 は libgphoto2 のコマンドラインクライアントです。GPhoto2 によってターミナルやスクリプトシェルから libgphoto2 ライブラリを利用してカメラの操作ができるようになります。これが主要なユーザーインターフェースになります。

GPhoto2 にはカメラドライバ開発者向けの便利なデバック機能もあります。

クイックコマンド

  • gphoto2 --list-ports
  • gphoto2 --auto-detect
  • gphoto2 --summary
  • gphoto2 --list-files
  • gphoto2 --get-all-files

高度なファイル操作をするには、次を使います

  • gphoto2 --shell

他の libgphoto2 のフロントエンドアプリケーション

トラブルシューティング

グループ

利用するにはユーザーを storage グループに加える必要があります。camera グループに入れる必要はありません。

参照