ノートパソコン

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

このページにはノートパソコンをもっと使いやすいように設定するのに必要なページへのリンクが含まれています。ノートパソコンの設定は多くの点でデスクトップの設定と同じです。しかしながら、重要な違いも多少存在します。Arch Linux はノートパソコンを完全にコントロールするために必要なツールやプログラムを全て提供しています。これらのプログラムとユーティリティは適切なチュートリアルと一緒に、以下で説明しています。

電源管理

ノート: まずは電源管理省電力設定を読んでおいて下さい。以下ではノートパソコン固有の機能を述べています。

バッテリー容量を上手く使い人にとって電源管理はとても重要です。以下のツールやプログラムを使うことでバッテリーの寿命を伸ばしたりノートパソコンを低温・静音化できます。

バッテリーの状態

バッテリー状態を取得する方法は複数あります。古典的な方法は ACPI インターフェイスを使ってバッテリーレベルを定期的に取得するデーモンを使う方法です。システムによっては、1%までバッテリーを放電すると udev にイベントが送られます。udev ルールを使ってこのイベントを他のアクションに繋げることができます。

ACPI

端末から ACPI ユーティリティを使うことでバッテリーの状態を読み込めます。ACPI コマンドラインユーティリティは acpi パッケージに入っています。詳しくは ACPI モジュールを見て下さい。

  • cbatticon はシステムトレイに収まる軽量で高速なバッテリーアイコンです。
  • battiAUR はシステムトレイのシンプルなバッテリーモニタです。電源情報に UPower (もしくは DeviceKit.Power) を使います。
  • batterymon-cloneAUR はシステムトレイに表示されるシンプルなバッテリーモニタで、batti と似ています。

Udev イベント

バッテリーを1%まで消費したときに udev にイベントを送信するようにすれば、udev ルールを使ってバッテリーレベルが危険になったときにシステムを自動的にサスペンドすることができ、これによって保存していない作業を消失するのを防げます。

/etc/udev/rules.d/99-lowbat.rules
# Suspend the system when battery level drops to 2% or lower
SUBSYSTEM=="power_supply", ATTR{status}=="Discharging", ATTR{capacity}=="2", RUN+="/usr/bin/systemctl suspend"
SUBSYSTEM=="power_supply", ATTR{status}=="Discharging", ATTR{capacity}=="1", RUN+="/usr/bin/systemctl suspend"
SUBSYSTEM=="power_supply", ATTR{status}=="Discharging", ATTR{capacity}=="0", RUN+="/usr/bin/systemctl suspend"

バッテリーの値はいきなり低い数値になることがあるので、バッテリーレベル1と0のルールも追加しておくことを推奨します。

さらに、他の状態で他のアクションを実行するようにルールをカスタマイズすることも可能です。

イベントのテスト

udev ルールをテストする一つの方法はルールが実行される時のファイルを作成させることです。例えば:

/etc/udev/rules.d/98-discharging.rules
SUBSYSTEM=="power_supply", ATTR{status}=="Discharging", RUN+="/usr/bin/touch /home/example/discharging"

このルールはノートパソコンの充電器が抜かれた時の /home/example/discharging にファイルを作成します。ノートパソコンの充電を止めてこのファイルを見ることでルールが動作しているかどうか確かめられます。もっと詳しい udev ルールのテスト方法は Udev#ロードする前にルールをテストする を見て下さい。

サスペンドとハイバネート

手動でメモリ(スタンバイ)やディスク(ハイバネート)にオペレーティングシステムをサスペンドすることで、ノートパソコンの使い方によっては、バッテリーの寿命を最適化できることがあります。

サスペンドとハイバネートを見て下さい。

ハードドライブのスピンダウン問題

ここに情報がまとまっています。

ノートパソコンのハードドライブが頻繁にスピンダウンするのを止めるには:

/etc/udev/rules.d/75-hdparm.rules
ACTION=="add", KERNEL=="sd[a-z]", ATTR{queue/rotational}=="1", RUN+="/usr/bin/hdparm -B 254 /dev/$kernel"

hdparm のパラメータのドキュメントは hdparm(8) を見て下さい。

ハードウェアのサポート

画面の明るさ

バックライトを見て下さい。

タッチパッド

タッチパッドを正しく動かすには、Touchpad Synaptics のページを見て下さい。あなたのノートパソコンに載っているのが Synaptics のタッチパッドではなくアルプス電気のタッチパッドの可能性もありますが (DELL Inspiron 6000 など) どちらにせよ上記のリンクを見て下さい。

指紋リーダー

Fingerprint-gui, fprintThinkFinger (ThinkPad 用) を見て下さい。

ウェブカメラ

ウェブカメラ設定を見て下さい。

ハードディスクの衝撃保護

様々なメーカーから耐衝撃機能を備えているノートパソコンが出されています。製造会社は必要なソフトウェアコンポーネントのオープンソースの開発をサポートしていませんが、Linux はハードウェア実装が異なる様々な衝撃保護をサポートしています。

現在、HDAPSHpfall (AUR から利用可能) という2つのプロジェクトがこの種の保護をサポートしています。HDAPS は IBM/Lenovo の Thinkpad に hpfall は HP/Compaq のノートパソコンに対応しています。

ハイブリッドグラフィック

ノートパソコンのメーカーは1つのコンピューターに2つのグラフィックカードを載せ、高いパフォーマンスと低い電力消費量を両立させる技術を開発しました。こうしたノートパソコンは通常、ディスプレイに Intel を使っているため、まず Intel Graphics ドライバーが必要です。それから2つ目のグラフィックカードを利用する方法を選ぶことができます。

ネットワーク時刻同期

ノートパソコンでは、ネットワークによる時刻の同期に NTPd の代替である Chrony を使うと良いかもしれません。Chrony は(ノートパソコンのように)ネットワーク接続が途切れてしまうシステムでも上手く動くように作られており、標準的な ntp よりも時刻同期を素早く行うことが可能です。時計のズレを早く修正するために周波数補正の範囲が広かったり、時計の周波数の変化に機敏に対応するので、仮想マシンで動かしているシステムで使うときも Chrony に利点があります。また、メモリの使用量が少なく不必要にプロセスを起こさないので、電力効率を向上できます。

参照

全般
  • CPU 周波数スケーリングは主としてノートブックで使われている、システム負担や電源設定にあわせて CPU の周波数を調整する技術です。
  • Display Power Management Signaling では一定時間操作を行わなかったらノートパソコンの画面を自動的に切る (スクリーンセーバーで黒画面にするだけでなく完全に信号を切る) 方法を説明しています。
  • ワイヤレス設定では無線接続の設定に関する情報を提供しています。
  • 特別なキーボードキーにはメディアキーの設定の説明があります。
  • acpid は ACPI イベントを扱う、柔軟性と拡張性があるデーモンです。
特定の種類のノートパソコンのページ
  • 特定のモデル・メーカーのページは カテゴリ:ノートパソコン やサブカテゴリを見て下さい。
  • Lapsus は様々なノートパソコンの多数の機能に簡単にアクセス出来るようにするプログラムのセットです。現在は ACPI4Asus による asus-laptop カーネルモジュールで提供されている機能、LED やホットキー、バックライトのコントロールなどをサポートしています。また、IBM ThinkPad ACPI Extras Driver や NVRAM デバイスで提供されている IBM ノートパソコンの機能のいくつかもサポートしています。
  • ThinkPad のバッテリー設定は TLPtp_smapi で説明されています。
  • acerhdf は Acer Aspire One や Packard Bell のノートブックのファンの速度を操作するカーネルモジュールです。
外部資料