ブートローダー

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

ブートローダは BIOSUEFI によって起動される一番最初のソフトウェアです。カーネルパラメータによってカーネルやイニシャルラムディスクをロードし、ブートプロセスの前の作業を担当します。Arch では GRUBSyslinux などさまざまなブートローダを使うことができます。ブートローダによって BIOS と UEFI どちらかだけサポートしていたり、両方対応していたりします。

このページでは簡単な説明だけを行っています。詳しい説明は、それぞれのブートローダのページを参照してください。

BIOS と UEFI 両方に対応しているブートローダ

GRUB

GRUB を参照してください。

ノート: GRUB 2.x には自分自身のファイルシステムドライバーが含まれており、ファイルにアクセスするのにファームウェアに依存していません。GRUB は直接 /boot からファイルを読み込むことができ UEFISYS パーティションの中にカーネルや initramfs のファイルを必要としません。詳細は GRUB#UEFI_システム_2 で説明しています。bzr の開発バージョンを使う場合 AUR のパッケージを試して下さい - grub-bzrAUR

Syslinux

Syslinux を参照してください。

BURG

ノート: BURG は Arch の開発者による公式のサポートがありません。

BURG を参照してください。

UEFI だけのブートローダ

Linux カーネル EFISTUB

内蔵の EFI スタブローダーを使って直接 Linux カーネルを起動することも可能です。EFISTUB を参照してください。

Gummiboot

Gummiboot は EFISTUB カーネルを起動するためのテキストメニューを提供する UEFI Boot Manager です。詳しくは Gummiboot を見て下さい。

rEFInd

rEFInd は EFISTUB カーネルを起動するためのグラフィカルメニューを提供する UEFI Boot Manager です。Gummiboot の代替です。詳しくは rEFInd を見て下さい。

Clover

Clover は EFISTUB カーネルを起動するためのネイティブ解像度の GUI を提供する UEFI Boot Manager です。Clover を参照してください。

ELILO

警告: ELILO の上流ではすでに活発には開発されていないことが明らかにされています。新しい機能はこれ以上追加されず、バグフィックスだけが行われる予定です。詳しくは https://sourceforge.net/mailarchive/message.php?msg_id=31524008 を見て下さい。ELILO は Arch の開発者による公式のサポートがありません。

ELILO は LILO Boot Loader の UEFI バージョンです (ただし BIOS の LILO ブートローダとコードは共有していません)。初めは Intel の Itanium 環境用に作成され EFI 1.x (UEFI 2.x の前身) だけをサポートしていました。最古の Linux 向け UEFI ブートローダーです。Elilo の設定ファイル elilo.confLILO の設定ファイルに似ています。ELILO は他の EFI アプリケーションのチェインロードをサポートしていません。そしてデフォルトではメニューを提供しません (elilo/docs/textmenu_chooser.txt に書かれている設定が必要です)。上流ではコンパイル済みのバイナリを http://sourceforge.net/projects/elilo/ で提供しています。また AUR のパッケージ elilo-efiAUR もあります。

BIOS だけのブートローダ

GRUB Legacy

ノート: GRUB Legacy は Arch の開発者による公式のサポートがありません。

GRUB Legacy (別名 grub-0.97) は GRUB の旧バージョンで、BIOS にしか対応していません。GRUB Legacy を参照してください。

LILO

ノート: LILO は Arch の開発者による公式のサポートがありません、ただし開発は活発に続けられています。

LILO を参照してください。

NeoGRUB

ノート: NeoGRUB は Arch の開発者による公式のサポートがありません。

NeoGRUB は追加のブートローダーをインストールしないで Windows のブートローダーから Arch を起動する手段を提供します。NeoGRUB を参照してください。

Windows 8 や UEFI 環境で NeoGRUB から Arch を起動するのはテストされていません。

トラブルシューティング

UEFI ブートローダがファームウェアメニューに表示されない

Intel Z77 チップセットなど、いくつかの UEFI マザーボードでは、EFI シェルから efibootmgrbcfg でエントリを追加して NVRAM に書き加えられてもブートメニューのリストに表示されず動作することが出来ません。

この問題はマザーボードが Microsoft Windows だけをロードするように作られていることが原因です。解決するには、Windows が使っている場所に .efi ファイルを置く必要があります。

Arch Linux のインストールメディア (FSO:) から bootx64.efi ファイルをハードドライブ (FS1:) 上の ESP パーティションの Microsoft ディレクトリにコピーしてください。これを行うには EFI シェルで起動して以下を入力します:

FS1:
cd EFI
mkdir Microsoft
cd Microsoft
mkdir Boot
cp FS0:\EFI\BOOT\bootx64.efi FS1:\EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efi

再起動後、NVRAM に追加されたエントリがブートメニューに表示されるようになるはずです。

参照