仮想端末に自動ログイン

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

この記事ではブートプロセスの最後に仮想コンソールに自動的にログインする方法を説明しています。この記事で扱っているのはコンソールのログインだけです。Xorg に自動ログインする情報はログイン時に X を起動を見て下さい。

設定

agetty に渡されるデフォルトパラメータを上書きする systemd のファイルを使って設定を行います。

設定は仮想コンソールとシリアルコンソールで異なります。ほとんどの場合、設定するのは仮想コンソールの自動ログインでしょう。デバイス名は ttyN で、N が数字です。シリアルコンソールのデバイス名は ttySN のようになり、N は同じく数字になります。

仮想コンソール

手動で以下のドロップインスニペットを作成してユニットファイルを編集するか、systemctl edit getty@tty1 を実行して以下の内容を記述してください:

/etc/systemd/system/getty@tty1.service.d/override.conf
[Service]
ExecStart=
ExecStart=-/usr/bin/agetty --autologin username --noclear %I 38400 linux
ヒント: オプション Type=idle は全てのジョブ (ユニットの状態変更リクエスト) が完了するまでサービスの起動を遅らせます。Type=simple を使うと、サービスはすぐに実行されますが、ブートアップメッセージがログインプロンプトに残るかもしれません。このオプションは X を自動的に起動する場合に特に有用です。このオプションを使うには、Type=simple をドロップインスニペットに追加してください。

tty1 以外の tty を使いたい時は Systemd FAQ を見て下さい。

シリアルコンソール

以下のファイル (とディレクトリ) を作成してください:

/etc/systemd/system/serial-getty@ttyS0.service.d/autologin.conf
[Service]
ExecStart=
ExecStart=-/usr/bin/agetty --autologin username -s %I 115200,38400,9600 vt102

参照