光学ディスクドライブ

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Wikipedia より:

光学ドライブ(こうがくドライブ)とは、記録された情報の読み出しにレーザー光等を使用する光ディスクの記憶装置のことである。光ディスクドライブともいい、BIOSやUEFIの画面では Optical Disk Drive の頭文字をとり"ODD"と略記されることがある。一般的にCDドライブ、DVDドライブ、BDドライブ、相変化型記憶装置(PD)等の機器の事を指すが、ミニディスク(MD)、光磁気ディスク装置(MO)や、光磁気テープドライブ等の記録に磁気を併用する装置もこれに分類される。

目次

焼き込み

警告: 光学ドライブやディスクの品質は様々です。普通、書き込み速度は遅くしたほうが信頼性が高まります。焼きこんだディスクの中身がおかしくなってしまう場合、出来るだけ低い速度で書き込んでみて下さい。

オプティカルディスクドライブの書き込みプロセスはイメージの作成・取得とオプティカルメディアへの書き込みからなります。イメージは原則としてどのデータファイルにもなりえます。作ったメディアをマウントしたい場合は、通常は ISO 9660 ファイルシステムのイメージファイルを使います。オーディオ・マルチメディア CD は .bin ファイルから焼かれることが多く、.toc ファイルや .cue ファイルでトラックレイアウトをコントロールします。

ライティングユーティリティをインストールする

グラフィカルユーザーインターフェースでプログラムを使いたい場合は、GUI プログラムのリストを見て下さい。

ここに記載しているプログラムは CD, DVD, BD のフリーの GUI プログラムのほとんどでバックエンドとして使われているものです。以下のプログラムはコマンドラインで使います。GUI ユーザーはトラブルシューティングや書き込みのスクリプト化をするときこれらのプログラムを使うと良いかもしれません。

ファイルシステムイメージを作成するためのプログラムと、使いたいメディアタイプにデータを書き込むことができるプログラムが最低でもそれぞれひとつ必要です。

ISO 9660 イメージの作成に利用できるプログラム:

  • cdrkit パッケージに入っている genisoimage
  • cdrtools パッケージに入っている mkisofs
  • libisoburn パッケージに入っている xorrisoxorrisofs

伝統的には genisoimage が使われています。

メディアに焼くのに利用できるプログラム:

  • cdrdao パッケージに入っている cdrdao (CD のみ, TOC/CUE/BIN のみ)
  • cdrtools パッケージに入っている cdrecord
  • libburn パッケージに入っている cdrskin
  • dvd+rw-tools パッケージに入っている growisofs (DVD と BD のみ)
  • cdrkit パッケージに入っている wodim (CD のみ, DVD は非推奨)
  • libisoburn パッケージに入っている xorrisoxorrecord

CD には wodim が DVD や Blu-ray ディスクには growisofs がよく使われています。growisofs で BD-R を使うときは下で書かれているバグの回避方法を見て下さい。 TOC/CUE/BIN ファイルを CD に書き込むには cdrdao をインストールしてください。

CD, DVD, BD を焼くフリーの GUI プログラムは上記のパッケージの最低でもどれかひとつを使います。

プログラム genisoimage, mkisofs, xorrisofs は3つともこのドキュメントで示している genisoimage オプションをサポートしています。

プログラム cdrecord, cdrskin, wodim は3つとも wodim オプションをサポートしています。プログラム xorrecord はオーディオ CD に関わらないオプションをサポートしています。

ノート:
  • パッケージ cdrkitcdrtools でインストールされるファイルは衝突します。どちらか片方だけをインストールしてください。
  • cdrtools をインストールしたい場合は、makepkg を使ってパッケージをビルドして pacman でインストールしてください。Pacman のラッパは代わりに cdrkit に解決できます。

ハードディスク上のファイルから ISO イメージを作成する

一番シンプルに ISO イメージを作成するには、まず必要なファイルを一つのフォルダ (例: ./for_iso) にコピーして、genisoimage を次のように使います:

$ genisoimage -V "ARCHIVE_2013_07_27" -J -r -o isoimage.iso ./for_iso

それぞれのフラグ・スイッチの意味は次のセクションで説明しています。

基本的なスイッチ

-V
ファイルシステムの(割り当てられる)名前を指定します。ISO 9660 の標準仕様書には文字列の長さは32文字まで、利用できる文字は次のセットに制限されていることが示されています: "A" から "Z"、"0" から "9"、そして "_"。メディアが自動的にマウントされた時はこのボリュームラベルがマウントポイントとして表示されるはずです。
-J
MS-Windows のための64文字までの UTF-16 文字の名前を作成します。別名 "Joliet"。
-joliet-long
MS-Windows のための103文字の UTF-16 文字を利用できるようにします。Joliet の仕様には準拠していません。
-r
Unix のための255文字までの名前を作成し、全ての人に読み込み権限を与えます。別名 "Rock Ridge"。
-o
作成される ISO イメージのファイルパスを設定します。

graft-points

genisoimage を使って複数のパスからファイルやディレクトリを集めることも可能です:

$ genisoimage -V "BACKUP_2013_07_27" -J -r -o backup_2013_07_27.iso \
  -graft-points \
  /photos=/home/user/photos \
  /mail=/home/user/mail \
  /photos/holidays=/home/user/holidays/photos
-graft-points
ISO ファイルシステムの書き込み先アドレス (例: /photos) とハードディスク上の書き込み元アドレス (例: /home/user/photos) による pathspec の認識を有効にします。アドレスは "=" で区切ります。

上の例ではディレクトリ /home/user/photos, /home/user/mail, /home/user/holidays/photos をそれぞれ ISO イメージでは /photos, /mail, /photos/holidays に配置します。

プログラム mkisofsxorrisofs は同じオプションを使うことができます。安全にバックアップするには --for_backup オプションを付けて xorrisofs を使って下さい。最後の ACL を記録しデータファイルそれぞれの MD5 チェックサムを保存します。

オプションの詳細については ISO 9660 プログラムのマニュアルを見て下さい:

ISO イメージをマウントする

ISO イメージのファイルを確認したい場合、(root で) マウントすることができます:

# mount -t iso9660 -o ro,loop /path/to/file.iso /mount-point

検査が完了したらイメージをアンマウントすることを忘れないで下さい:

# umount /mount-point

root 権限なしでマウントするには fuseiso を参照してください。

img/ccd を ISO イメージに変換する

img/ccd イメージを変換するのには、ccd2iso を使うことができます:

$ ccd2iso ~/image.img ~/image.iso

オプティカルドライブの名前を確認する

このセクションから、あなたの使っている記録デバイスの名前が /dev/sr0 であると仮定して記述しています。

次のコマンドで確認してください:

$ wodim dev=/dev/sr0 -checkdrive

ドライブの Vendor_infoIdentification フィールドが表示されるはずです。

ドライブが見つからない場合は、/dev/sr* が存在するかどうか、また読み書きパーミッション (wr-) があなたのユーザーやグループに与えられているか確認してください。 /dev/sr* が存在しない場合は次を実行してみて下さい:

# modprobe sr_mod

CD や DVD のボリュームラベルを読み込む

メディアの名前・ラベルを取得したいときは、dd を使います:

$ dd if=/dev/sr0 bs=1 skip=32808 count=32

CD, DVD, BD から ISO イメージを読み込む

ハードディスクにコピーする前に ISO ファイルシステムのサイズを求めて下さい。最近の書き込みでは、ほとんどのメディアタイプは書き込まれたものよりも多くのデータを運んでいます。

util-linux パッケージに含まれているプログラム isosize を使ってイメージサイズを取得してください:

$ blocks=$(isosize -d 2048 /dev/sr0)

取得したブロックの数が妥当かどうか見て下さい:

$ echo "That would be $(expr $blocks / 512) MB"
That would be 589 MB

それから測定したデータの分量だけメディアからハードディスクにコピーしてください:

$ dd if=/dev/sr0 of=isoimage.iso bs=2048 count=$blocks

サイズを測定しなかった場合は count=$blocks を省いて下さい。おそらく必要な分よりも多くのデータを取得することになるでしょう。それでも作成されたファイルはマウントできます。イメージのコピー元のメディアと同じタイプのメディアに収まるようになっているはずです。

オリジナルのメディアがブータブルなら、コピーもブータブルイメージになります。擬似 CD として仮想マシンに使ったり、オプティカルメディアに焼きこむことが可能です。作成されたメディアは勿論ブータブルになります。

CD-RW や DVD-RW を消去する

使用済みの CD-RW メディアは以前に記録したデータを上書きする前に消去する必要があります。消去は次のコマンドで可能です:

$ wodim -v dev=/dev/sr0 blank=fast

フォーマットされていない DVD-RW メディアも再利用する前に同じ処置が必要です。ただし高速消去は DVD-RW のマルチセッションや予期できない長さのストリームの記録などの機能を奪ってしまいます。従って次のコマンドを使うようにしてください:

$ dvd+rw-format -blank=full /dev/sr0

dvd+rw-formatdvd+rw-tools パッケージに含まれています。以下のコマンドを使うこともできます:

$ cdrecord -v dev=/dev/sr0 blank=all
$ cdrskin -v dev=/dev/sr0 blank=all
$ xorriso -outdev /dev/sr0 -blank as_needed

フォーマットされた DVD-RW メディアは消去をせずに上書きすることが可能です。そのため、一度次のコマンドを実行すると良いでしょう:

$ dvd+rw-format -force /dev/sr0

以下のコマンドを使うこともできます:

$ cdrskin -v dev=/dev/sr0 blank=format_overwrite
$ xorriso -outdev /dev/sr0 -format as_needed

他の全てのメディアは、ライトワンス (CD-R, DVD-R, DVD+R, BD-R) であるか、もしくは消去する必要なく上書きできます (DVD-RAM, DVD+RW, BD-RE)。

ISO イメージを CD, DVD, BD に書き込む

オプティカルメディアに準備した ISO イメージファイル isoimage.iso を焼くには、CD では次を実行してください:

$ wodim -v -sao dev=/dev/sr0 isoimage.iso

DVD や BD では次のコマンドを実行してください:

$ growisofs -dvd-compat -Z /dev/sr0=isoimage.iso

プログラム cdrecord, cdrskin, xorrecordwodim で表示される全てのメディアで使うことができます。

ノート:
  • 書き込みを始めるときにメディアがマウントされていないことを確認してください。メディアに読込可能なファイルシステムが含まれていると自動でマウントされます。書き込みプログラムが焼き込みデバイスを使うのを中止すれば良いですが、悪ければ読込操作がドライブを妨害して間違って焼いてしまう可能性があります。マウントされているようだったら、次を実行してください: # umount /dev/sr0
  • growisofs には空の BD-R メディアに関する小さなバグが存在します。焼き込みが完了した後にエラーメッセージが表示されるという問題です。k3b などのプログラムはそのメッセージを信じて焼き込みが失敗したと勘違いします。これを防ぐには、次のどちらかの対処をしてください
    • growisofs で BD-R に焼く前に dvd+rw-format /dev/sr0 で空の BD-R をフォーマットする
    • growisofs のオプション -use-the-force-luke=spare:none を使う

書き込んだ ISO イメージを確かめる

書き込んだメディアにエラーが存在しないかどうか整合性を確認することができます。確認する前に必ずメディアを一度取り除いてから再度挿入してください。再挿入を行わないとカーネルは新しいコンテンツを認識しません。

まずオリジナルの ISO イメージの MD5 チェックサムを計算してください:

$ md5sum isoimage.iso
 e5643e18e05f5646046bb2e4236986d8 isoimage.iso

つぎにメディア上の ISO ファイルシステムの MD5 チェックサムを計算します。メディアタイプによっては書き込みプログラムに送信したのとデータ量が全く同じになりますが、ほとんどの場合読み取られるときに余分なゴミが付け加えられます。そのため、読み出す ISO イメージファイルのサイズを制限する必要があります。

$ blocks=$(expr $(du -b isoimage.iso | awk '{print $1}') / 2048)
$ dd if=/dev/sr0 bs=2048 count=$blocks | md5sum
 43992+0 records in
 43992+0 records out
 90095616 bytes (90 MB) copied, 0.359539 s, 251 MB/s
 e5643e18e05f5646046bb2e4236986d8  -

2つのコマンドは同じ MD5 チェックサムを表示するはずです (ここでは: e5643e18e05f5646046bb2e4236986d8)。値が異なる場合、おそらく dd を実行したときに I/O エラーメッセージが取得されます。興味があれば、dmesg によって SCSI エラーやブロック番号も見ることができるでしょう。

ISO 9660 とオンザフライ書き込み

光学メディアに書き込む前に、作成された ISO ファイルシステムをハードディスクに保存しておく必要はありません。ドライブバッファが空だということで書き込みが失敗するのは、とても古いコンピューターに搭載された、とても古い CD ドライブだけです。

genisoimage から -o オプションを省略すると ISO イメージを標準出力に書き出します。これを使って書き込みプログラムの標準入力にパイプすることができます:

$ genisoimage -V "ARCHIVE_2013_07_27" -J -r ./for_iso | \
  wodim -v dev=/dev/sr0 -waiti -

オプション -waiti は必須ではありません。genisoimage が出力を開始する前に wodim がメディアに書き込まないようにします。これによって、既に始まってしまった書き込みを妨害することなく genisoimage でメディアを読み込めます。次のマルチセッションのセクションを見て下さい。

DVD と BD では growisofsgenisoimage を制御して出力をオンザフライ書き込みできます:

$ export MKISOFS="genisoimage"
$ growisofs -Z /dev/sr0 -V "ARCHIVE_2013_07_27" -r -J ./for_iso

マルチセッション

ISO 9660 マルチセッションでは読み取り専用ファイルシステムが書かれたメディアでも未使用のブロックアドレスを使って書き込みをできるようにします。新しい ISO ディレクトリツリーは未使用の領域に書き込まれます。新しいツリーでコンテンツブロックを新しく追加したりデータファイルを上書きすることが可能です。データファイルのブロックは古い ISO ツリーに残り、再度書き込まれることはありません。

Linux などのオペレーティングシステムはメディアの最後のセッションのディレクトリツリーをマウントします。通常、一番最新のツリーは古いセッションのファイルも表示します。

wodim によるマルチセッション

wodim のオプション -multi を使用した場合 CD-R や CD-RW は書き込みができる状態を維持します ("追記可能"):

$ wodim -v -multi dev=/dev/sr0 isoimage.iso

Then the medium can be inquired for the parameters of the next session

$ m=$(wodim dev=/dev/sr0 -msinfo)

By help of these parameters and of the readable medium in the drive you can produce the add-on ISO session

$ genisoimage -M /dev/sr0 -C "$m" \
   -V "ARCHIVE_2013_07_28" -J -r -o session2.iso ./more_for_iso

Finally append the session to the medium and keep it appendable again

$ wodim -v -multi dev=/dev/sr0 session2.iso

Programs cdrskin and xorrecord do this too with DVD-R, DVD+R, BD-R and unformatted DVD-RW. Program cdrecord does multi-session with at least DVD-R and DVD-RW. They all do with CD-R and CD-RW, of course.

Most re-usable media types do not record a session history that would be recognizable for a mounting kernel. But with ISO 9660 it is possible to achieve the multi-session effect even on those media.

growisofs and xorriso can do this and hide most of the complexity.

growisofs によるマルチセッション

デフォルトでは、growisofs は ISO イメージを作成するためのバックエンドとして mkisofs を使います。プログラムの引数はほとんど同じです。上記の genisoimage の例を見て下さい。-o オプションと -C オプションは無効になっています。MKISOFS 環境変数を設定することで他のバックエンドプログラムを指定することが可能です:

$ export MKISOFS="genisoimage"
$ export MKISOFS="xorrisofs"

光学メディアに新しい ISO ファイルシステムを作成するには -Z オプションを使います:

$ growisofs -Z /dev/sr0 -V "ARCHIVE_2013_07_27" -r -J ./for_iso

既存の ISO ファイルシステムに新しいセッションとしてファイルを追加するには -M オプションを使います:

$ growisofs -M /dev/sr0 -V "ARCHIVE_2013_07_28" -r -J ./more_for_iso

詳しくは growisofs のマニュアルgenisoimage, mkisofs, xorrisofs のマニュアルを見て下さい。

xorriso によるマルチセッション

xorriso learns the wish to begin with a new ISO filesystem from the blank state of the medium. So it is appropriate to blank it if it contains data. The command -blank as_needed applies to all kinds of re-usable media and even to ISO images in data files on hard disk. It does not cause error if applied to a blank write-once medium.

$ xorriso -outdev /dev/sr0 -blank as_needed \
          -volid "ARCHIVE_2013_07_27" -joliet on -add ./for_iso --

On non-blank writable media xorriso appends the newly given disk files if command -dev is used rather than -outdev. Of course, no command -blank should be given here

$ xorriso -dev /dev/sr0 \
          -volid "ARCHIVE_2013_07_28" -joliet on -add ./more_for_iso --

For details see the manual page and especially its examples

BD ディフェクトマネジメント

BD-RE and formatted BD-R media are normally written with enabled Defect Management. This feature reads the written blocks while they are still stored in the drive buffer. In case of poor read quality the blocks get written again or redirected to the Spare Area where the data get stored in replacement blocks.

This checkreading reduces write speed to at most half of the nominal speed of drive and BD medium. Sometimes it is even worse. Heavy use of the Spare Area causes long delays during read operations. So Defect Management is not always desirable.

cdrecord は BD-R をフォーマットしません。BD-RE メディアのディフェクトマネジメントを無効にする方法はありません。

growisofs はデフォルトで BD-R をフォーマットします。フォーマットさせないようにするには -use-the-force-luke=spare:none オプションを使います。BD-RE メディアのディフェクトマネジメントを無効にする方法はありません。

cdrskin, xorriso, xorrecord はデフォルトでは BD-R をフォーマットしません。フォーマットするにはそれぞれ cdrskin blank=format_if_needed, xorriso -format as_needed, xorrecord blank=format_overwrite を使います。これら3つのプログラムは BD-RE やフォーマット済みの BD-R のディフェクトマネジメントを無効にすることができます。それぞれ cdrskin stream_recording=on, xorriso -stream_recording on, xorrecord stream_recording=on を実行します。

オーディオ CD を焼く

オーディオトラックを作成して非圧縮 (16ビット ステレオ WAV ファイル) で保存してください。MP3 を WAV に変換するには、lame をインストールして、MP3 ファイルがあるディレクトリに cd してから次を実行してください:

$ for i in *.mp3; do lame --decode "$i" "$(basename "$i" .mp3)".wav; done

lame で WAV ファイルに変換するとエラーが起こる場合は mpg123 でデコードしてみて下さい:

$ for i in *.mp3; do mpg123 --rate 44100 --stereo --buffer 3072 --resync -w $(basename $i .mp3).wav $i; done

アルファベット順に並べた時に音声ファイルが正しいトラック順で並ぶように 01.wav, 02.wav, 03.wav と音声ファイルの名前を変更してください。 次のコマンドを実行してオーディオ CD として wav ファイルの書き込みをシミュレーションしてください:

$ wodim -dummy -v -pad speed=1 dev=/dev/sr0 -dao -swab *.wav

エラーが検知されたり以下のようにトラックが空になる場合は:

Track 01: audio    0 MB (00:00.00) no preemp pad

他のデコーダー (例: mpg123) や cdrtools パッケージに入っている cdrecord を使ってみて下さい。

cdrkit にも cdrecord コマンドが含まれていますが、このコマンドは wodim のソフトリンクなので注意してください。 全て問題ないようだったら dummy フラグを削って実際に CD を焼いてください。

新しく出来たオーディオ CD をテストするために、MPlayer を使って下さい:

$ mplayer cdda://

BIN/CUE を焼く

BIN/CUE イメージを焼くには次を実行してください:

$ cdrdao write --device /dev/sr0 image.cue

TOC/CUE/BIN でミックスモードディスク

ISO イメージには単一のデータトラックしか保存されません。ミックスモードディスクのイメージを作成したいときは (複数のオーディオトラックがあるデータトラック) TOC/BIN のペアを揃えて下さい:

$ cdrdao read-cd --read-raw --datafile image.bin --driver generic-mmc:0x20000 --device /dev/cdrom image.toc

ソフトウェアによっては CUE/BIN のペアしか扱えないことがあり、toc2cue で CUE シートを作成することができます (cdrdao に含まれています):

$ toc2cue image.toc image.cue

書き込みバックエンドの問題

問題が発生する場合は、cdwrite@other.debian.org メーリングリストで助言を仰ぐことができます。もしくは、プログラムの man ページの最後にサポートのメールアドレスが記載されているときはそこにアドバイスを求めて下さい。

実行したコマンドライン、メディアのタイプ (CD-R, DVD+RW など)、症状 (プログラムのメッセージ、期待される挙動) を伝えて下さい。問題のプログラムの最新バージョンや開発バージョンを試してテストするように求められることもあります。ただし、その答えは、あなたのドライブでは特定のメディアは使えないんだというのと大差ありません。

GUI で CD/DVD/BD を焼く

この項目について詳しくは Wikipedia の記事を見て下さい: Comparison of disc authoring software

グラフィカル環境で CD を焼くのに使えるアプリケーションが複数存在します。

フリーの GUI プログラム

  • AcetoneISO — オールインワンの ISO ツール (BIN, MDF, NRG, IMG, DAA, DMG, CDI, B5I, BWI, PDI, ISO をサポート)。
http://sourceforge.net/projects/acetoneiso || acetoneiso2
  • BashBurn — CD/DVD ライティングツールの軽量な端末ベースのメニューフロントエンド。
http://bashburn.dose.se/ || bashburn
  • Brasero — GNOME デスクトップのディスクライティングアプリケーション。出来る限りシンプルに設計されています。gnome-extra の一部。
https://wiki.gnome.org/Apps/Brasero || brasero
  • cdw — cdrecord, mkisofs, growisofs, dvd+rw-mediainfo, dvd+rw-format, xorriso の Ncurses フロントエンド。
http://cdw.sourceforge.net/ || cdwAUR
  • GnomeBaker — GNOME デスクトップ向けのフル機能の CD/DVD 焼き込みアプリケーション。
http://gnomebaker.sourceforge.net/ || gnomebakerAUR
  • Graveman — GTK ベースの CD/DVD ライティングアプリケーション。適切なデバイスを指定する設定が必要です。
http://graveman.tuxfamily.org/ || gravemanAUR
  • isomaster — ISO イメージエディタ。
http://littlesvr.ca/isomaster || isomasterAUR
  • K3b — KDElibs による機能豊富で使いやすい CD ライティングアプリケーション。
http://www.k3b.org/ || k3b
  • X-CD-Roast — CD や DVD を焼くための軽量な cdrtools フロントエンド。
http://www.xcdroast.org/ || xcdroastAUR
  • Xfburn — CD/DVD(-RW), ISO イメージ, BurnFree をサポートしている libburnia ライブラリのシンプルなフロントエンド。
http://goodies.xfce.org/projects/applications/xfburn || xfburn
  • xorriso-tcltk — ISO と CD/DVD/BD の書き込みツール xorriso のグラフィカルフロントエンド。
https://www.gnu.org/software/xorriso/xorriso-tcltk-screen.gif || libisoburn

Nero Linux

Nero Linux は Nero for Windows のメーカー Nero AG による商用のライティングスイートです。Nero Linux の最大の利点として Windows 版と同じインターフェイスを持っていることが挙げられます。このため、Windows から移行してきたユーザーは操作しやすいかもしれません。現在 Linux バージョンは手順を追って CD や DVD を焼くことができるウィザード Nero Express を含んでいます。また、バージョン 4 から新しく Blu-ray Disc defect management や、ブータブルメディアの作成における Isolinux の統合や Musepack と AIFF 音声フォーマットのサポートなどが入っています...

Nero Linux 4 は £19.99 で売られておりフリーの試用版も存在します。

Nero Linux は以下の機能を提供します:

  • 簡単なウィザード形式のユーザーインターフェースで Nero Linux Express 4 による焼きこみをガイド。
  • Blu-ray の焼きこみを完全にサポート。
  • 音楽 CD (CD-DA), ISO 9660 (Joliet サポート), CD-text, ISOLINUX ブータブル, マルチセッションディスク, DVD-Video, miniDVD, DVD ダブルレイヤーサポートの書き込みをサポート。
  • Nero Burning ROM とコマンドラインクライアントによる高度な焼き込み。
ノート: 必要な sg モジュールは自動的にロードされます。手動設定に関してはカーネルモジュールを見て下さい。

再生

CD

オーディオ CD を再生するには公式リポジトリlibcdio が必要です。

DVD

DVD (Digital Versatile Disc もしくは Digital Video Disc) はビデオやデータを保存するのに使われるオプティカルディスクストレージメディアです。日本では著作権法の改正によって保護技術を回避しての複製は違法になっていますが、再生は問題ありません。

暗号化された DVD を再生したいのなら、libdvd* パッケージをインストールする必要があります:

さらに、プレイヤーソフトウェアをインストールしなくてはなりません。人気のある DVD プレイヤーは MPlayer, xine, VLC です。ビデオプレーヤーのリストや MPlayer の手順を見て下さい。

リッピング

リッピングとは音声や動画のコンテンツをハードディスクにコピーすることを示し、通常はリムーバルディスクやメディアストリームからリッピングを行います。日本では著作権法の改正によって保護技術を回避しての複製は違法になっていますが、保護技術が使われていないメディアのリッピングは問題ありません。

CD

  • Abcde — オーディオ CD をリッピングするための総合コマンドラインツール。
http://abcde.einval.com/ || abcde
  • Asunder — GTK+ ベースの CD リッピングプログラム。
http://littlesvr.ca/asunder/ || asunder
  • cdparanoia — Compact Disc Digital Audio (CDDA) Digital Audio Extraction (DAE) ツール。
http://xiph.org/paranoia/index.html || cdparanoia
  • Gnac — GNOME の音声コンバータ。
http://gnac.sourceforge.net/ || gnac
  • Goobox — GNOME の CD プレイヤー・リッパー。
https://people.gnome.org/~paobac/goobox/ || goobox
  • GripAudiograbber に似ている GNOME プロジェクトの高速で軽量な CD リッパー。
http://sourceforge.net/projects/grip/ || grip
  • KAudioCreator — オーディオ CD のリッピングとエンコードと、HDD 上のファイルのエンコードのためのプログラム。
http://kde-apps.org/content/show.php/KAudioCreator?content=107645 || kaudiocreator
  • morituri — 速度よりも正確さを重視している CD リッパー。cdparanoia, MusicBrainz, AccurateRip を使います。
http://thomas.apestaart.org/morituri/trac/ || morituri
  • ripperX — リッピングと MP3 ファイルのエンコードを行う GTK+ プログラム。
http://sourceforge.net/projects/ripperx/ || ripperx
  • rubyripper — 同じトラックを複数リッピングすることで安全なリッピングを提供するオーディオリッパー。
http://code.google.com/p/rubyripper/ || rubyripper
http://burtonini.com/blog/computers/sound-juicer || sound-juicer
  • soundKonverter — 様々なオーディオコンバータのフロントエンド。
http://www.kde-apps.org/content/show.php?content=29024 || soundkonverter

DVD

基本的に、DVD のリッピングは2つの作業に分けることができます:

  1. データの抽出 — 音声や動画データをハードディスクにコピーします。
  2. トランスコーディング — 抽出したデータを適当なフォーマットに変換します。

両方の作業ができるユーティリティもあれば、どちらか片方しか出来ないユーティリティも存在します:

  • dvd-vrDVD-VR から抽出した VRO ファイルを簡単に変換して標準の VOB ファイルに分割できるツール。
http://www.pixelbeat.org/programs/dvd-vr/ || dvd-vrAUR
  • dvdbackup — 純粋にデータを抽出するためのツールで、変換は行いません。
http://dvdbackup.sourceforge.net/ || dvdbackup
  • FFmpeg — Linux/Unix 向けの完全なフリーのインターネットライブ音声・動画ブロードキャストソリューションで、入力に ISO イメージを選択して適当なオプションを決めるだけで、DVD-Video ISO イメージから直接あらゆるフォーマット (音声/動画) にリッピングすることが可能です。さらに、ダウンミックスや圧縮、分割、ストリームの選択など様々な機能があります。
http://ffmpeg.org/ || 記事を参照
  • HandBrake — マルチスレッドの動画変換プログラム。グラフィカルとコマンドライン両方のインターフェイスを持っており、多数のプリセット設定が付いています。
http://handbrake.fr/ || handbrake
  • Hybrid — mp4/m2ts/mkv/webm/mov/avi コンテナや Blu-ray または AVCHD などで、ほとんど全ての入力を x264/Xvid/VP8 + ac3/ogg/mp3/aac/flac に変換することができる、様々なツールのマルチプラットフォームな Qt ベースのフロントエンドです。
http://www.selur.de/ || hybrid-encoderAUR
  • MEncoder — GNU General Public License でリリースされているフリーのコマンドライン動画デコード・エンコード・フィルタリングツール。MPlayer と近縁で、MPlayer が扱える全てのフォーマットを、様々なコーデックを使ってバラエティに富んだ圧縮・非圧縮フォーマットに変換できます。h264encAURundvdAUR などのラッパープログラムには補助インターフェイスが存在します。多数のフロントエンドが利用可能です。
http://www.mplayerhq.hu/ || mencoder
  • Transcode — ターミナル/コンソールで使える Video/DVD リッパー・エンコーダー。
http://tcforge.berlios.de/ || transcode

dvd::rip

dvd::rip は抽出とオンザフライのトランスコードに使われる transcode のフロントエンドです。

以下のパッケージをインストールする必要があります:

  • dvdrip: transcode の GTK フロントエンド、リッピングとエンコードが出来ます
  • libdv: DV ビデオのソフトウェアコーデック
  • xvidcore: リッピングしたファイルを XviD にエンコードするための、オープンソースの MPEG-4 ビデオコーデック (DivX のフリーの代替)
  • divx4linuxAUR: リッピングしたファイルを DivX にエンコードするのに必要 (AUR から利用可能)
  • subtitleripperAUR: 字幕を読みこんだり処理したい場合に必要 (AUR から利用可能)

dvd::rip の設定方法はドキュメント化されています。何か困ったことがあったら、http://www.exit1.org/dvdrip/doc/gui-gui_pref.cipp を見て下さい。

DVD のリッピングは基本的に使いたいコーデックとタイトルを選択して "Rip" ボタンを押すだけで出来ます。

トラブルシューティング

K3b locale エラー

K3b を動作させたときに、以下のメッセージが表示される場合:

System locale charset is ANSI_X3.4-1968
Your system's locale charset (i.e. the charset used to encode file names) is 
set to ANSI_X3.4-1968. It is highly unlikely that this has been done intentionally.
Most likely the locale is not set at all. An invalid setting will result in
problems when creating data projects.Solution: To properly set the locale 
charset make sure the LC_* environment variables are set. Normally the distribution 
setup tools take care of this.

ロケールが正しく設定されていません。

これを修正するには:

  • /etc/locale.gen を削除
  • glibc を再インストール
  • /etc/locale.gen を編集して、あなたが使用する言語の行と (互換性のために) en_US の行をアンコメント:
en_US.UTF-8 UTF-8
en_US ISO-8859-1
  • locale-gen でプロファイルを再生成:
# locale-gen
Generating locales...
en_US.UTF-8... done
en_US.ISO-8859-1... done
pt_BR.UTF-8... done
pt_BR.ISO-8859-1... done
Generation complete.

詳細は ここ を見て下さい。

Brasero で空のディスクが認識されない

Brasero は gvfs を使って CD/DVD 書き込みデバイスを管理します。セッションが壊れていないことも確認してください。

Brasero でオーディオ CD のノーマライズが出来ない

書き込もうとすると一番最初のノーマライズで停止してしまうことがあります。

解決策として Edit > Plugins メニューからノーマライゼーションプラグインを無効化できます。

VLC: Error "... could not open the disc /dev/dvd"

vlc dvdread could not open the disc "/dev/dvd" というエラーが表示される場合、システム上に /dev/dvd デバイスノードが存在しないのが原因です。Udev はもはや /dev/dvd を作成せず、代わりに /dev/sr0 を使います。この問題を修正するには VLC の設定ファイル (~/.config/vlc/vlcrc) を編集してください:

# DVD device (string)
dvd=/dev/sr0

DVD ドライブが騒々しい

DVD ビデオを再生するとシステムがうるさくなる場合、必要以上にディスクが高速に回転している可能性があります。一時的にドライブの速度を変更するには、root で次を実行してください:

# eject -x 12 /dev/dvd

場合によって:

# hdparm -E12 /dev/dvd

ドライブによってサポートされている速度を使うことができます。または、0 で最大速度になります。

Setting CD-ROM and DVD-ROM drive speed

新しいコンピューター (新しい DVD ドライブ) で再生ができない

再生ができない場合で、新しいコンピューター (新しい DVD ドライブ) を使っているときは、リージョンコードが設定されていないのが原因の可能性があります。AURregionsetAUR を使ってリージョンコードを読み込んだり設定できます。

上記のどのプログラムを使っても DVD をリッピング/エンコードできない

DVD リーダーのリージョンが正しく設定されているか確認してください。設定されていないと不可解な CSS 関連のエラーが表示されることがあります。regionsetAUR を使ってリージョンを設定できます。

GUI プログラムのログにバックエンドプログラムの問題が表示される

GUI を使っていて問題が発生したときにバックエンドプログラムに問題があるとういログが表示される場合、そのバックエンドプログラムを使って問題を再現できるか試して下さい。再現できた場合もできなかった場合も、出力されたログなどを書き込みバックエンドの問題に書かれている場所に報告するようにしてください。

特殊なケース: medium error / write error

以下はドライブがメディアを拒否したときに表示される典型的なメッセージです。別のドライブか別のメディアを使用しないかぎり解決できません。別のプログラムを使うことによってエラーが解決することは稀です。

K3b でバックエンドに wodim を使用した場合:

Sense Bytes: 70 00 03 00 00 00 00 12 00 00 00 00 0C 00 00 00
Sense Key: 0x3 Medium Error, Segment 0
Sense Code: 0x0C Qual 0x00 (write error) Fru 0x0

Brasero でバックエンドに growisofs を使用した場合:

BraseroGrowisofs stderr: :-[ WRITE@LBA=0h failed with SK=3h/ASC=0Ch/ACQ=00h]: Input/output error

Brasero でバックエンドに libburn を使用した場合:

BraseroLibburn Libburn reported an error SCSI error on write(16976,16): [3 0C 00] Write error

AHCI

新しい DVD ドライブが検出されたのにマウントできない場合、BIOS が AHCI を使っているか確認してカーネルイメージにモジュールを追加してください。

/etc/mkinitcpio.conf を編集して MODULES 変数に ahci を追加します:

MODULES="ahci"

新しく追加したモジュールが含まれるようにカーネルイメージを再生成しましょう:

# mkinitcpio -p linux

参照