Acer C720 Chromebook

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索
警告: この記事ではサードパーティ製のスクリプトなどを使用するため、ハードウェアやデータに修復不可能なダメージを与える可能性があります。自己責任で使用してください。

Acer C720 Chromebook (そして最近の chromebook) には"レガシーブート"モードが存在し Linux や他のオペレーティングシステムを簡単に起動することができます。このレガシーブートモードは CorebootSeaBIOS ペイロードによって提供されています。SeaBIOS がディスクの MBR に起動する伝統的な BIOS のように振る舞い、そこから Syslinux や GRUB などの標準のブートローダーを起動します。

インストール

Chrome OS デバイスのページを開いて、イントロダクションを読んでそれからインストールガイドに従って下さい。

インストール後の設定

全 Chromebook で共通のインストール後の設定 (ホットキー、power キーの処理) については Chrome OS デバイスページのインストール後の設定を見て下さい。

タッチパッドの設定

Xorg のタッチパッドの設定ファイルを編集してください。以下のように Xorg にタッチパッドの設定を追加することでユーザビリティが向上します (タッチパッドの精度が上がります):

/etc/X11/xorg.conf.d/50-cros-touchpad.conf
Section "InputClass" 
    Identifier      "touchpad peppy cyapa" 
    MatchIsTouchpad "on" 
    MatchDevicePath "/dev/input/event*" 
    MatchProduct    "cyapa" 
    Option          "FingerLow" "10" 
    Option          "FingerHigh" "10" 
EndSection

タッチパッドの右下の領域を使う"右クリック"を止めたい場合は、/etc/X11/xorg.conf.d/50-cros-touchpad.conf の以下のセクションをコメントアウトしてください (この設定をしても右クリックは2本指のクリックで可能です):

/etc/X11/xorg.conf.d/50-cros-touchpad.conf

Section "InputClass"
    Identifier      "touchpad peppy cyapa"
    MatchIsTouchpad "on"
    MatchDevicePath "/dev/input/event*"
    MatchProduct    "cyapa"
    Option          "FingerLow" "8"
    Option          "FingerHigh" "16"
    Option "SoftButtonAreas" "0% 0 0% 0 0 0 0 0"
    Option "AreaBottomEdge" "0%"
EndSection

WLAN と BT のパフォーマンスを向上させる

C720 には Atheros AR9462 WLAN+BT チップが載っており、ath9k カーネルモジュールによってサポートされています。以下のオプションを ath9k モジュールに設定することで、パフォーマンスを向上させたり品質を改善したり、チップの消費電力を減らすことができます。

Bluetooth との共存

Bluetooth と WiFi は両方とも 2.4 GHz を使うため、相互に干渉する可能性があります。btcoex_enable=1 オプションを使うことで Bluetooth を共存させてカードのパフォーマンスを向上させることができます。

省電力機能

ps_enable=1 オプションを使うことで省電力機能を有効にして消費電力を下げることができます。ただし [1] によると、省電力機能を有効にするとシステムがフリーズしたりドロップアウトする可能性があります。何か問題が発生したら無効にするようにしてください (ps_enable=0)。

信号品質の改善

bt_ant_diversity=1 オプションを使うことでアンテナダイバーシティが有効になり信号品質が改善されてパフォーマンスが上昇します。ただし、これを有効にすると bluetooth インターフェイスが使えなくなる ので、上記の Bluetooth との共存のオプションは使わないようにしてください。

モジュールオプションを追加するには、以下のような ath9k.conf ファイルを作成します:

/etc/modprobe.d/ath9k.conf
options ath9k btcoex_enable=1 bt_ant_diversity=1 ps_enable=0

フタを閉じるときにサスペンドから復帰してしまう問題の修正

C720 のフタを閉じる時、ディスプレイの上部がタッチパッドに触れてしまうことがしばしばあります。これによってサスペンドからコンピューターが復帰してしまうという問題が起こります。タッチパッドによって復帰しないように変更するには、以下のファイルを作成:

/etc/tmpfiles.d/disable-touchpad-wakeup.conf
w /proc/acpi/wakeup - - - - TPAD

現在の状態を確認するには:

# cat /proc/acpi/wakeup | grep TPAD

光センサーの有効化

C720 では光センサーとして Intersil ISL29018 が使われており、このモジュールはデフォルトでビルド時に無効になっているため、センサーを使うには CONFIG_SENSORS_ISL29018 を有効にしてカーネルをコンパイルする必要があります。

書き込み保護ネジの場所

  • 12本のネジと保証シールの下にあるネジを抜いてノートパソコンの底部パネルを取り除いて下さい。
  • 背部のプラスチックを分離します。
  • 書き込み保護ネジをマザーボードから完全に取り外して下さい。この写真 で「7」とマークされているネジです。

既知の問題

システムがフリーズする

#WLAN と BT のパフォーマンスを向上させる を見て下さい。

参照