Archboot

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Archboot はインストールや緊急用に使うための、CD/USB/PXE 用のブータブルメディアを作成するスクリプトのセットです。

squashfs などの特殊なファイルシステムを使わずに、RAM でのみ動作するので、システムに搭載されている RAM に制限されます。

インストール

archboot パッケージをインストールしてください。

archiso インストールメディアとの違い

  • インタラクティブセットアップやクイックインストールスクリプトが追加されています。
  • メディア上に [core] リポジトリが含まれています。
  • initramfs で改良された Arch Linux システムが動作します。
  • RAM の容量に制限されるので、man や info ページなど不必要なものは含まれていません。
  • 起動時にマウントすることはしません。
  • ssh によるリモートインストールをサポートしています。

Archboot ISO リリース

カーネル: 4.7.2-1
pacman: 5.0.1-4
systemd: 231-1
推奨メモリ容量: 600 MB

リリースの書き込み

ハイブリッドイメージファイルは CD に焼くことができる通常のイメージであり生のディスクイメージです。

  • CD 書き込みユーティリティを使用して CD(RW) メディアに書き込むことができます。
  • 'dd' などのユーティリティを使用してドライブに直接書き込めます。USB サムドライブではこの方法を使います。
$ dd if=<imagefile> of=/dev/<yourdevice> bs=1M

PXE ブート / レスキューシステム

ディレクトリから必要なファイルをダウンロード:

  • vmlinuz_i686 + initramfs_i686.img (i686)
  • vmlinuz_x86_64 + initramfs_x86_64.img(x86_64)
  • intel-ucode.img (x86_64/i686)
  • For PXE booting add the kernel and initrd to your tftp setup and you will get a running installation/rescue system.
  • For Rescue booting add an entry to your bootloader pointing to the kernel and initrd.

サポートされている Archboot メディアのブートモード

  • syslinux による BIOS ブートをサポート。
  • systemd-bootEFISTUB による UEFI/UEFI_CD ブートをサポート。
  • grub による UEFI_MIX_MODE ブートをサポート。
  • prebootloader による Secure Boot をサポート。
  • grub(2) の iso ループバックをサポート。
使用する変数 (以下例):
iso_loop_dev=PARTUUID=XXXX
iso_loop_path=/blah/archboot.iso
menuentry "Archboot" --class iso {
loopback loop (hdX,X)/<archboot.iso>
linux (loop)/boot/vmlinuz_x86_64 iso_loop_dev=/dev/sdXX iso_loop_path=/<archboot.iso>
initrd (loop)/boot/initramfs_x86_64.img
}
  • syslinux の memdisk によるブートをサポート (BIOS モードのみ)。
menuentry "Archboot Memdisk" {
   linux16 /memdisk iso
   initrd16 hd(X,X)/<archboot.iso>
}

ssh でリモートインストールを行う方法

  • 起動時に全てのネットワークインターフェイスは dhcp を使って IP アドレスを取得しようとします。
  • root パスワードはデフォルトでは設定されていません。インストール中にプライバシーを守る必要がある場合はパスワードを設定してください。
'ssh root@<yourip>'

インタラクティブセットアップ機能

  • Media と Network インストールモード
  • キーマップとコンソールフォントの変更
  • 時刻と日付の変更
  • netctl によるネットワークのセットアップ
  • Preparing storage disk, like auto-prepare, partitioning, GUID (gpt) support, 4k sector drive support etc.
  • ソフトウェア raid/raid パーティション, lvm2 デバイス, luks 暗号化デバイスの作成
  • 標準の linux,raid/raid_partitions,dmraid/fakeraid,lvm2 と暗号化デバイスをサポート
  • ファイルシステムのサポート: ext2/3/4, btrfs, f2fs, nilfs2, reiserfs, xfs, jfs, ntfs-3g, vfat
  • 命名方式のサポート: PARTUUID, PARTLABEL, FSUUID, FSLABEL, KERNEL
  • grub(2) ループバックと memdisk インストールメディアのマウントサポート
  • パッケージの選択のサポート
  • hwdetect スクリプトによる事前設定
  • fstab, kms mode, ssd, mkinitcpio.conf, systemd, crypttab, mdadm.conf の自動/事前設定
  • 基本的なシステムファイルの設定
  • root パスワードの設定
  • grub(2) (BIOS と UEFI), refind-efi, systemd-boot, syslinux (BIOS と UEFI) ブートローダーのサポート

FAQ, 既知の問題, 制限

  • Release specific known issues and workarounds are posted in changelog files.
  • Check also the forum threads for posted fixes and workarounds.
  • Why screen stays blank or other weird screen issues happen?
Some hardware doesn't like the KMS activation, use radeon.modeset=0, i915.modeset=0 or nouveau.modeset=0 on boot prompt.
  • dmraid/fakeraid might be broken on some boards, support is not perfect here.
The reason is there are so many different hardware components out there. At the moment 1.0.0rc16 is included, with latest fedora patchset, development has been stopped.
mdadm supports some isw and ddf fakeraid chipsets, but assembling during boot is deactivated in /etc/mdadm.conf!
  • grub2 cannot detect correct bios boot order:
It may happen that hd(x,x) entries are not correct, thus first reboot may not work.
Reason: grub cannot detect bios boot order.
Fix: Either change bios boot order or change menu.lst to correct entries after successful boot. This cannot be fixed it is a restriction in grub2!
  • Why is parted used in setup routine, instead of cfdisk in msdos partitiontable mode?
parted is the only linux partition program that can handle all type of things the setup routine offers.
cfdisk cannot handle GPT/GUID nor it can allign partitions correct with 1MB spaces for 4k sector disks.
cfdisk is a nice tool but is too limited to be the standard partitioner anymore.
cfdisk is still included but has to be run in an other terminal.

履歴

古いリリースの履歴は こちら にあります。

バグ

Arch Linux バグトラッカー

Archboot BETA ISO リリース

  • Hybrid image file is provided, which only supports network installation.
  • Please read the according Changelog files for RAM limitations.
  • Please check md5sum before using it.
  • No beta ISO available at the moment.

リンク

イメージファイルの作成方法

(Quick regeneration of installation media with latest available core packages)

要件

  • x86_64 アーキテクチャ
  • 3GB 程度の空き容量

archboot の chroot の作成

  • archboot のインストール:
# pacman -S archboot
# mkdir -p x86_64_chroot/var/lib/pacman
# pacman --root "x86_64_chroot" -Sy base --noconfirm --noprogressbar
  • i686 コンテナの場合:
# mkdir -p i686_chroot/var/lib/pacman
# linux32 pacman --root "i686_chroot" -Sy base --noconfirm --noprogressbar
  • archboot x86_64 コンテナの入力:
# systemd-nspawn --capability=CAP_MKNOD --register=no -M $(uname -m) -D x86_64_chroot
  • archboot i686 コンテナの入力:
# linux32 systemd-nspawn --capability=CAP_MKNOD --register=no -M $(uname -m) -D i686_chroot

archboot のインストールと最新パッケージにアップデート

両方の chroot に archboot をインストール:

# pacman -S archboot

両方の chroot で最新のパッケージにアップデート:

# pacman -Syu

イメージの生成

# run in both chroots (needs quite some time ...)
archboot-allinone.sh -t
# put the generated tarballs in one directory and run (needs quite some time ...)
archboot-allinone.sh -g
  • Finished you get a bunch of images.

Have fun! tpowa (Archboot Developer)