Avahi

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Wikipedia:ja:Avahi より:

"Avahi は、Zeroconf (ゼロ・コンフィギュレーション・ネットワーキング) のフリーソフトウェア実装であり、マルチキャスト DNS/DNS-SD サービスディレクトリのためのシステムを含む。Avahi は、特定の構成情報のないローカルネットワーク上のサービスホストの発行と発見を可能とする。例えば、ネットワークに接続したとき、即座にプリンタを検出し、ファイルを探し出し、他者と会話できるようにする。GNU Lesser General Public License (LGPL) の条件でライセンス提供される。"

インストール

公式リポジトリにある avahiインストールしてください。

Avahi のデーモンは systemdavahi-daemon.service を使うことで管理できます。

IPv6 を有効にする

いくつかの理由で、Avahi はデフォルトで IPv6 が無効になっています。有効にするには、/etc/avahi/avahi-daemon.confuse-ipv6yes に設定してください。

Avahi を使う

ホスト名の解決

Avahi には hostname.local という名前を使ってローカルでホスト名を解決する機能があります。有効にするには nss-mdns パッケージをインストールして avahi-daemon.service起動してください。

その後、/etc/nsswitch.conf ファイルを編集して以下の行を:

hosts: files dns myhostname

以下のように変更してください:

hosts: files mdns_minimal [NOTFOUND=return] dns myhostname
ノート: .local ホストの解決に時間がかかる場合、mdns_minimal の代わりに mdns4_minimal を使ってみてください。

カスタム TLD を使用する場合の mDNS の設定

mdns_minimal モジュールが .local TLD の取り合わせを処理します。[NOTFOUND=return] と設定しているのは、mdns_minimal*.local を見つけられなかったときに、dnsmyhostname などで検索しないようにするためです。

Avahi で他の TLD もサポートしたい場合、以下の設定を行ってください:

  • mdns_minimal [NOTFOUND=return]mdns に置き換えてください。IPv4 や IPv6 しか使わないモジュール mdns[46](_minimal) も存在します。
  • /etc/avahi/avahi-daemon.confdomain-name をカスタマイズしてください。
  • /etc/mdns.allow で Avahi のカスタム TLD をホワイトリストに入れてください。

ツール

Avahi にはネットワーク上で動作しているサービスを探知するのに役立つユーティリティが複数含まれています。例えば、以下のコマンドを実行するとネットワーク上のサービスが表示されます:

$ avahi-browse -alr

Avahi Zeroconf Browser (avahi-discover) はネットワーク上の様々なサービスを表示します。使用するには Avahi の任意依存パッケージである pygtkpython2-dbus のインストールが必要です。また、bsshbvnc を使うことで SSH サーバーや VNC サーバーを探知することができます。

Avahi をサポートしているソフトウェアのリストはウェブサイトを見てください: http://avahi.org/wiki/Avah4users

ファイアウォール

ファイアウォールを使っている場合は UDP ポート 5353 を開いてください。

リンクローカル (Bonjour/Zeroconf) チャット

Avahi を使って Linux で Bonjour プロトコルを使用することもできます。Wikipedia:Comparison of instant messaging clientsアプリケーション一覧/インターネット#インスタントメッセージに Bonjour プロトコルをサポートしているクライアントが載っています。

IPv4LL IP アドレスの取得

デフォルトでは、DHCP を使って IP を取得するとき、dhcpcd パッケージを使用します。DHCP で IP アドレスが取得できなかったときに IPv4LL アドレスを取得するようにすることができます。デフォルトではこのオプションは無効になっています。有効にするには noipv4ll をコメントアウトしてください:

/etc/dhcpcd.conf
...
#noipv4ll
...

もしくは avahi-autoipd を実行してください:

# avahi-autoipd -D

サービスの追加

Avahi は /etc/avahi/services*.service ファイルが存在するサービスを喧伝します。*.service ファイルが存在しないサービスを使いたい場合、簡単にサービスを作成することができます。

例として、RFC865 に基づく今日の格言 (QOTD) を表示するサービスを TCP の17番ポートで稼働させるとしましょう。

まず最初に <type> を決定する必要があります。man avahi.service によればタイプは DNS-SD サービスタイプのどれかにする必要があります (例: _http._tcp)。DNS-SD のレジスタは2010年に IANA レジスタに統合 されたため、サービス名は IANA レジスタ/etc/services ファイルで確認することができます。サービス名は qotd となっています。QOTD は tcp で動作するため、サービスは _qotd._tcp でありポート番号は 17 となります (IANA と RFC865 に準拠)。

したがってサービスファイルは以下のようになります:

qotd.service
<?xml version="1.0" standalone='no'?><!--*-nxml-*-->
<!DOCTYPE service-group SYSTEM "avahi-service.dtd">

<service-group>

  <name replace-wildcards="yes">%h</name>

  <service>
    <type>_qotd._tcp</type>
    <port>17</port>
  </service>

</service-group>

別のサーバーでサービスを動作させる場合や、DNS のサブタイプが異なる場合など、複雑なサービスについては man avahi.service を読んでください。

SSH

Avahi には SSH サーバーを喧伝するサンプルサービスファイルが付属しています。有効化するには:

# cp /usr/share/doc/avahi/ssh.service /etc/avahi/services/

ファイル共有

NFS

NFS 共有を設定している場合は、Avahi を使って Zeroconf が有効になっているブラウザ (KDE の Konqueror や macOS の Finder など) で共有を自動マウントすることができます。/etc/avahi/services に以下の内容で .service ファイルを作成してください:

/etc/avahi/services/nfs_Zephyrus_Music.service
<?xml version="1.0" standalone='no'?>
<!DOCTYPE service-group SYSTEM "avahi-service.dtd">
<service-group>
  <name replace-wildcards="yes">NFS Music Share on %h</name>
  <service>
    <type>_nfs._tcp</type>
    <port>2049</port>
    <txt-record>path=/data/shared/Music</txt-record>
  </service>
</service-group>

/etc/exports にオプションとして insecure を使っている場合ポートはこのままでいいですが、そうでない場合は変更する必要があります (macOS クライアントには insecure が必要です)。パスは export しているパスか、そのサブディレクトリになります。なんらかの理由で Leopard から自動マウント機能は削除されていますが、スクリプトを使うことができます。このスクリプトはこの投稿 に基づいています。

Samba

サーバーとクライアントの両方で Avahi デーモンを動作させることで、クライアント側のファイルマネージャで自動的にサーバーが認識されます。

Vsftpd

vsftpd などの通常の FTP サーバーを自動探知することもできます。vsftpd パッケージをインストールして vsftpd の設定を自由に変更してください (ubuntuforums.org のスレッドman vsftpd.conf を参照)。

そして以下の内容で /etc/avahi/services.service ファイルを作成:

/etc/avahi/services/ftp.service
<?xml version="1.0" standalone='no'?>
<!DOCTYPE service-group SYSTEM "avahi-service.dtd">
<service-group>
  <name>FTP file sharing</name>
  <service>
    <type>_ftp._tcp</type>
    <port>21</port>
  </service>
</service-group>

これで FTP サーバーが Avahi によって喧伝されるようになります。ネットワーク上の他のコンピュータからファイルマネージャを使って FTP サーバーに接続できるはずです。クライアント側でホスト名の解決を有効にする必要があるかもしれません。

携帯デバイスからの Airprint

Avahi と CUPS を組み合わせることで airprint に対応している携帯デバイスからプリンターに印刷をすることができます。印刷機能を有効にするには、/etc/avahi/services/ にプリンターの Avahi サービスファイルを作成してください。HP-Laserjet プリンターの場合、サービスファイルは以下のようになります。name, rp, ty, adminurl, note フィールドは適切な値に置き換えてください。

/etc/avahi/services/airprint.service
<?xml version="1.0" standalone='no'?><!--*-nxml-*-->
<!DOCTYPE service-group SYSTEM "avahi-service.dtd">
<service-group>
  <name>yourPrnterName</name>
  <service>
    <type>_ipp._tcp</type>
    <subtype>_universal._sub._ipp._tcp</subtype>
    <port>631</port>
    <txt-record>txtver=1</txt-record>
    <txt-record>qtotal=1</txt-record>
    <txt-record>rp=printers/yourPrnterName</txt-record>
    <txt-record>ty=yourPrnterName</txt-record>
    <txt-record>adminurl=http://198.168.7.15:631/printers/yourPrnterName</txt-record>
    <txt-record>note=Office Laserjet 4100n</txt-record>
    <txt-record>priority=0</txt-record>
    <txt-record>product=(GPL Ghostscript)</txt-record>
    <txt-record>printer-state=3</txt-record>
    <txt-record>printer-type=0x801046</txt-record>
    <txt-record>Transparent=T</txt-record>
    <txt-record>Binary=T</txt-record>
    <txt-record>Fax=F</txt-record>
    <txt-record>Color=T</txt-record>
    <txt-record>Duplex=T</txt-record>
    <txt-record>Staple=F</txt-record>
    <txt-record>Copies=T</txt-record>
    <txt-record>Collate=F</txt-record>
    <txt-record>Punch=F</txt-record>
    <txt-record>Bind=F</txt-record>
    <txt-record>Sort=F</txt-record>
    <txt-record>Scan=F</txt-record>
    <txt-record>pdl=application/octet-stream,application/pdf,application/postscript,image/jpeg,image/png,image/urf</txt-record>
    <txt-record>URF=W8,SRGB24,CP1,RS600</txt-record>
  </service>
</service-group>

もしくは https://raw.github.com/tjfontaine/airprint-generate/master/airprint-generate.py を使って Avahi サービスファイルを生成することもできます。スクリプトは python2python2-pycups に依存しており、以下のコマンドで使用することができます:

# python2 airprint-generate.py -d /etc/avahi/services
ノート: http://localhost:631/printers でプリンターが "Not Shared" になっている場合、上記の python スクリプトは /etc/avahi/services に何もファイルを出力しません。その場合、CUPS のドロップダウンメニューから "Modify Printer" を選択して共有を有効にしてください。共有ができない場合、CUPS/プリンター共有を参照してください。

サービスタイプデータベースの編集

上に記述したとおり、Avahi にはサービスを確認することができるツールが付属しています。avahi-browseavahi-discover はどちらもデータベースファイルを使用してサービスの説明を表示します。データベースにはほとんどのサービスの名前が含まれています (全てではありません)。

残念ながら、作成したばかりの QOTD サービスはデータベースに含まれていないため avahi-browse -a は以下のようなエントリを表示します:

+ wlp2s0 IPv4 MyServer                                        _qotd._tcp local

ソースの取得

まずは avahi の github ミラー にある service-type-database サブディレクトリから build-db.inservice-types ファイルをダウンロードしてビルドディレクトリに配置してください:

$ wget https://raw.githubusercontent.com/lathiat/avahi/master/service-type-database/build-db.in
$ wget https://raw.githubusercontent.com/lathiat/avahi/master/service-type-database/service-types

ソースの修正

次に、以下のスクリプトを作成してください:

#!/bin/bash
sed -e 's,@PYTHON\@,/usr/bin/python2.7,g' \
    -e 's,@DBM\@,gdbm,g' < build-db.in > build-db
chmod +x build-db

上記のスクリプトは build-db という名前のファイルを作成します:

$./whatever_you_named_the_script.sh
$ ls
build-db build-db.in service-types whatever_you_named_the_script.sh

そして、service-types ファイルに新しい QOTD サービスを追加してください。ファイルは1行毎に1エントリとなっており、type:Human Readable Description という形式でエントリを記入します。説明には空白を入れることができます。

例えば、ファイルの末尾に以下のエントリを追加します:

_qotd._tcp:Quote of the Day (QOTD) Server

新しいデータベースのビルドとインストール

build-db python スクリプトを実行してください (python3 ではなく python2 を使用します)。service-types.db ファイルがビルドされます。ビルドされたら gdbmtools を使って新しいデータベースがロードできること、新しいエントリが含まれていることを確認してください:

$ /usr/bin/python2.7 build-db
$ ls
build-db build-db.in service-types service-types.db whatever_you_named_the_script.sh
$ gdbmtool service-types.db

Welcome to the gdbm tool.  Type ? for help.

gdbmtool>fetch _qotd._tcp
Quote of the Day (QOTD) Server
gdbmtool>quit

古いデータベースをバックアップしてから、新しいデータベースを移動して avahi-browse で新しいエントリが認識されるようになったことを確認:

$ cp /usr/lib/avahi/service-types.db /backup-directory
# cp /build-directory/service-types.db /usr/lib/avahi/service-types.db
$ avahi-browse -b | grep QOTD
Quote of the Day (QOTD) Server

avahi-browse のエントリは以下のようになります:

+ wlp2s0 IPv4 MyServer                                        Quote of the Day (QOTD) Server local

参照