Chromium

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Chromium は Google によるオープンソースのグラフィカルウェブブラウザです。Blink レンダリングエンジンを使用しています。

インストール

オープンソースプロジェクトの Chromium公式リポジトリにある chromium パッケージでインストールできます。 また、AUR から以下をインストールできます:

Flash プレイヤーや Widevine EME などが同梱された、Google ChromeAURgoogle-chromeAUR パッケージでインストールできます。 また、AUR から以下をインストールできます:

ヒント: 安定・ベータ・開発版の違いや、Chromium と Chrome、バージョン番号の説明などはこの 2つの記事 を見て下さい。

設定

Chromium をデフォルトブラウザに設定する

この設定は xdg-open と関連があります: xdg-open#デフォルトのブラウザを設定 を見て下さい。デフォルトアプリケーションの設定に関する一般的な情報は、デフォルトアプリケーションを見て下さい。

ファイルの関連付け

この設定は xdg-open と関連があります: xdg-open#設定 を見て下さい。デフォルトアプリケーションの設定に関する一般的な情報は、デフォルトアプリケーションを見て下さい。

フォントレンダリング

ノート: Chromium bug 55458 seems to be affecting Arch Linux, causing overlapping text sometimes.

Chromium (と Google Chrome) は ~/.config/fontconfig/fonts.conf設定を使います。以下を試すことでレンダリングが良くなるかもしれません。ファイルが存在しない場合は作成してください。

~/.config/fontconfig/fonts.conf
<match target="font">
  <edit mode="assign" name="autohint"><bool>true</bool></edit>
  <edit mode="assign" name="hinting"><bool>true</bool></edit>
  <edit mode="assign" name="hintstyle"><const>hintslight</const></edit>
</match>

この設定でもフォントのレンダリングが良くない場合、ここに記述されている Xft 設定を使うことができます:

~/.Xresources
[...]
! Xft settings ---------------------------------------------------------------
Xft.dpi:        96
Xft.antialias:  true
Xft.rgba:       rgb
Xft.hinting:    true
Xft.hintstyle:  hintslight
[...]

設定した後は次のコマンドで X Resources のデータベースを更新してください:

$ xrdb -merge ~/.Xresources
ノート: 上の設定はフォント設定に X Resourcesを使っている全てのアプリケーション (例: rxvt-unicode) に影響を与えます。

Flash Player プラグイン

警告: Chromium はもう Netscape plugin API (NPAPI) をサポートしていません。そのため公式リポジトリの flashplugin を使用することはできません。

Linux 用の古い Flash プラグインはもう更新されませんが、Google Chrome には最新の Flash Player が含まれています。このプラグインは Chromium と互換があります。

Chromium に pepper-flash をインストールする一番簡単な方法は AUR にある以下のパッケージのどれかを使うことです:

ノート: すでに flashplugin をインストールしていた場合は、Chromium が新しい Pepper Flash プラグインを使うように、chrome://plugins から /usr/lib/mozilla/plugins/libflashplayer.so にあるプラグインを無効にして /usr/lib/PepperFlash/libpepflashplayer.so を有効にするようにしてください。

Widevine Content Decryption Module プラグイン

Widevine は Google の Encrypted Media Extensions (EME) Content Decryption Module (CDM) です。Netflix などの有料ビデオコンテンツを視聴するのに使われます。Widevine は Chrome には同梱されています。

Widevine CDM を Chromium にインストールするには、chromium-widevineAUR パッケージをインストールしてください。

chrome://plugins でプラグインが有効になっていることを確認しましょう。

PDF ビューアプラグイン

Chromium の PDF サポートを有効にする方法は以下のとおり複数存在します。

libpdf

libpdf は Google Chrome に同梱されている Google による PDF レンダラーの実装です。v37 から Chromium にも内蔵されるようになりました。

v36 から v37 にアップデートする際に、chromium-libpdfAURchromium-libpdf-devAURアンインストールする必要があります。プラグインが無効になっている場合は、chrome://plugins でプラグインを有効にしてください。

PDF.js を使う

次の記事を参照してください: ブラウザプラグイン#PDF.js

mozplugger を使う

次の記事を参照してください: ブラウザプラグイン#MozPlugger

KParts プラグインを使う

次の記事を参照してください: ブラウザプラグイン#kpartsplugin

印刷プレビュー

Google Chrome とは違い、Chromium では印刷プレビュー機能はデフォルトで無効になっています。有効にするには #PDF ビューアプラグイン をインストールして --enable-print-preview を使う必要があります。

証明書

Chromium は証明書の管理に NSS を使っています。設定詳細設定を表示...証明書の管理... から証明書を管理できます。

Tips and tricks

次の記事を参照してください: Chromium 設定

トラブルシューティング

KDE で定期的にフリーズする

libcanberra-pulseアンインストールしてください。参照: BBS#1228558

音が割れる

hdmi オーディオを使うと chromium で音割れがするという報告があります。問題を修正するには chromium を起動するときにオーディオバッファサイズを変えてみて下さい:

$ chromium --audio-buffer-size=2048

プロクシー設定

プロクシーの設定が上手く通らないという状況は多数考えられます (特に KDE のインターフェイスを使って設定した場合)。今のところ --proxy-pac-url--proxy-server のように Chromium のコマンドラインオプションを使ってプロクシーを設定するのが最良の方法です。

デフォルトプロファイル

Chromium を起動しようとしたときにデフォルトプロファイルが取得できず以下のようなエラーが表示される場合:

$ chromium
[2630:2630:485325611:FATAL:chrome/browser/browser_main.cc(755)] Check failed: profile. 
Cannot get default profile. Trace/breakpoint trap

次のようにして ~/.config/chromium ディレクトリの所有者を適切に設定してください:

# chown -R yourusername:yourusergroup ~/.config/chromium

フォント

ノート: Chromium は独自のサンドボックスを使っているため、fontconfig/GTK/Pango/X などと完全な統合がされていません。詳しくは Linux Technical FAQ を参照してください。

PDF プラグインでのフォントレンダリングの問題

特定の PDF で発生するフォントレンダリングの問題を解決するためには ttf-liberation パッケージをインストールする必要があります。インストールしないと代替のフォントのせいでテキストが他のテキストの中に入ってしまいます。この問題は Arch ユーザーによって chromium バグトラッカーに報告されています

WebGL

ときどき、Chromium が特定のグラフィックカードの設定で WebGL を無効にしてしまうことがあります。通常は URL バーに about:flags を入力して WebGL フラグを有効にすることで直すことができます。ターミナルで Chromium にコマンドラインフラグ --enable-webgl を指定することでも WebGL を有効にできます。

また、Chromium によってあなたの使っているグラフィックカードがブラックリストに入れられている可能性もあります。ブラックリストを上書きするには --ignore-gpu-blacklist フラグを使うか about:flags から Override software rendering list を有効にしてください。

Bumblebee で Chromium を使っている場合、GPU のサンドボックスによって WebGL がクラッシュすることがあります。このようなときは、optirun chromium --disable-gpu-sandbox で GPU のサンドボックスを無効にできます。

上記の方法で問題が解決しない場合、chrome://gpu/ のデバッグ情報を見て下さい。

Google Play と Flash

Flash の DRM コンテンツは再生に HAL を必要とします。このことは Google Play ムービーを使えばすぐにわかります。HAL なしで Google Play ムービーを再生しようとすると、YouTube のような画面が出ますが、動画が再生されません。詳しくは Flash DRM コンテンツを見て下さい。

radeon ドライバーなどで Pepper Flash Player の 3D アクセラレーションを強制的に有効にする

3D レンダリングを強制するオプションとして chrome://flags に "Override software rendering list" があります。また、ビデオアクセラレーションの変数を export する必要があるかもしれません、ATI#ビデオアクセラレーションを有効にする を見て下さい。chrome://gpu からアクセラレーションが機能しているかどうか確認できます。

speech-dispatcher コアダンプ

ノート: バグとして報告されています FS#38456

Chromium は依存パッケージとして speech-dispatcher をインストールします。音声合成インターフェイスの独自レイヤーでありデフォルトでバックエンドとして festival を使います。コアダンプが頻繁にされる場合、おそらく festival をインストールしていないのが原因です。エラーメッセージを解決するには、festival をインストールするか speech-dispatcher が使用するバックエンドを変更してください。

参照