D-Bus

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

D-Bus はプロセス間のやりとりを行うためのメッセージバスシステムです。システム全体とユーザーセッション両方で実行できるデーモンと、アプリケーションが D-Bus を使うためのライブラリのセットから構成されています。

インストール

dbus は systemd の依存パッケージなので systemd を使っているなら D-Bus は自動で有効にされています。

ユーザーセッションの起動

D-Bus セッションが起動していない場合 gnome-session, startkde, startxfce4 はセッションを自動で起動します。~/.xinitrc (xorg-xinit/etc/skel/.xinitrc) のスケルトンファイルも同じことを実行します。あなたの ~/.xinitrc がスケルトンファイル /etc/skel/.xinitrc に基づいていることを確認してください。

デバッグ

d-feet は使いやすい D-Bus デバッガ GUI ツールです。D-Feet を使うことで実行中のプログラムの D-Bus インターフェイスを調べることができます。詳しくは D-Feet のホームページを見て下さい。

参照