F2FS

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

F2FS (Flash-Friendly File System) は NAND フラッシュメモリに最適化されたファイルシステムです。F2FS はカーネル 3.8 からサポートされています。

F2FS パーティションの作成

F2FS パーティションを作成するには、公式リポジトリから f2fs-tools パッケージをインストールする必要があります。

パーティションの作成:

# mkfs.f2fs /dev/sdxY

/dev/sdxY の部分は F2FS のフォーマット対象ボリュームです。

警告: F2FS をルートパーティションとして使用する場合、/etc/mkinitcpio.conf ファイルの MODULES 行に次のモジュールを追加する必要があります [1]: MODULES="f2fs crc32 libcrc32c crc32c_generic crc32c-intel crc32-pclmul"

F2FS パーティションのマウント

マウントする前に F2FS カーネルモジュールをロードする必要があるかもしれません。root で次を実行してください:

# modprobe f2fs

これでパーティションをマウントすることができます:

# mount -t f2fs /dev/sdxY /mnt

Arch Linux を F2FS パーティション上にインストール

最新のインストールメディア (2013.04.01) では F2FS ファイルシステム上のルートパーティションに Arch Linux をインストールすることが可能です:

  1. F2FS パーティションの作成の記述にそって、F2FS でルートパーティションを作成します
  2. /boot パーティションを ext2 (やその他のサポートされているファイルシステム) として作成。
  3. 公式インストールガイド通りにシステムをマウント・インストール・chroot。
  4. (インストールしたシステムで) f2fs/etc/mkinitcpio.conf の modules セクションに追加。
  5. chroot を終了する前に initramfs イメージを再生成するのを忘れずに:
# mkinitcpio -p linux

カーネル 4.6 以上に含まれているドライバーでは Crypto API を使用して CRC32 を計算しています。起動時に CRC32 モジュールのロードに失敗する場合は /etc/mkinitpcio.confMODULES 配列に crc32_genericcrc32-pclmul を追加して initramfs を再生成してください。

チェックと修復

f2fs パーティションのチェックと修復は f2fs-tools に含まれている fsck.f2fs で行うことができます。詳しくは man ページを見てください。