fish

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

fish (friendly interactive shell) は主に対話的に使用することを意図されたユーザフレンドリーなコマンドラインシェルです。

インストール

公式リポジトリより fish パッケージをインストールできます。開発版は fish-gitAUR パッケージでインストールできます。

fish をデフォルトシェルにしたい場合は、シェル#デフォルトシェルを変更するを見てください。ただし、fish はデフォルトシェルにしないことを推奨します。

インストールしたら fish を実行することで fish シェルが起動します。

ドキュメントは fish から help を実行することでウェブブラウザが開いて確認できます。fish の構文は他のシェルと異なっているので、最低でも "Syntax overview" セクションを読むことを推奨します。

入出力

ファイル記述子

他のシェルと同じように、入出力ストリームをリダイレクトすることが fish でも出来ます。テキストファイルを使ってプログラムのエラー出力を保存したり、テキストファイルを入力したりする場合に有用です。ほとんどのプログラムは3つの入出力ストリームを使います。ファイル記述子 (FD) と呼ばれる番号で表されます:

  • 標準入力 (FD 0) は読み取りに使われます (デフォルトではキーボード)。
  • 標準出力 (FD 1) は書き込みに使われます (デフォルトではスクリーン)。
  • 標準エラー (FD 2) はエラーや警告の表示に使われます (デフォルトではスクリーン)。

リダイレクト

リダイレクトという仕組みを使うことでファイル記述子の出力先を他のファイルに変えることができます:

標準入力をリダイレクト:
$ command < source_file

標準出力をリダイレクト:
$ command > destination

既存のファイルに標準出力を追記:
$ command >> destination

標準エラーをリダイレクト:
$ command ^ destination

既存のファイルに標準エラーを追記:
$ command ^^ destination

destination には以下のどれかを使えます:

  • ファイル名 (出力は指定されたファイルに書き込まれます)。
  • & と他のファイル記述子の番号。出力は他のファイル記述子に書き込まれます。
  • &- 記号。出力はどこにも書き込まれません。

例:

標準出力をファイルにリダイレクト:
$ command > destination_file.txt

標準出力と標準出力の両方を同じファイルにリダイレクト:
$ command > destination_file.txt ^ &1

標準出力を消す:
$ command > &-

パイプ

あるコマンドの標準出力を次のコマンドの標準入力にリダイレクトすることができます。パイプ文字 (|) を使ってコマンドを区切って下さい。例:

cat example.txt | head

(標準出力だけでなく) 他のファイル記述子をパイプにリダイレクトすることもできます。次の例では、標準エラーのファイル記述子の番号と > をパイプに付けることで、あるコマンドの標準エラーを他のコマンドの標準入力に流し込んでいます:

$ command 2>| less

上記を実行すると command が実行されてから標準エラーが less コマンドにリダイレクトされます。

設定

fish のユーザー設定ファイルは ~/.config/fish/config.fish に存在しています。.bashrc と同じように、ターミナルが開かれる時に実行/定義するコマンド、関数を追加します。

ウェブインターフェイス

fish のプロンプトとターミナルの色はウェブインターフェイスで対話的に設定できます:

fish_config

選択した設定は、個人用の設定ファイルに書き込まれます。また、定義された関数と履歴を表示することができます。

コマンド補完

fish は man ページから自動補完を生成できます。~/.config/fish/generated_completions/ に補完が書き込まれており、以下を呼び出すことによって生成することができます:

fish_update_completions

また、独自の補完を ~/.config/fish/completions/ に定義できます。/usr/share/fish/completions/ でいくつかの例を見ることができます。

fish の開発元のポリシーが、上流の tarball に存在する補完を全て含めるというものなので pacman, pacman-key, makepkg, cower, pbget, pacmatic などの Arch Linux 固有のコマンドの文脈に沿った補完も fish に含まれています。メモリ管理が賢いために、リソースに悪影響を与えることはありません。

Tips and Tricks

fish をデフォルトシェルに設定しない

Arch ではシェルスクリプトは Bash を使って書かれており、fish と完全な互換性がありません。fish をデフォルトシェルに設定しないことで、起動時に実行される Bash スクリプトで環境変数を正しく設定できます。また、fish などの Bash 非互換のターミナルを使った場合に起こる問題を避けられます。デフォルトシェルを fish に設定するとスクリプトエラーが発生します。以下では fish をデフォルトシェルに設定しないで使用する方法を説明しています。

.bashrc から fish を起動する

デフォルトシェルを Bash のままにしておいて exec fish という行をシェルの設定ファイル (例: .bashrc) に追加してください。これで Bash が /etc/profile/etc/profile.d のファイルを正しく読み込んでくれます。fish は bash のプロセスを置き換えるため、fish を終了するとターミナルも終了します。ローカルマシンだけでなく SSH サーバーでも使える方法のため、以下で説明する方法よりも汎用的です。

ヒント: bash --norc を使うと上記の設定の後、fish が立ち上がらず bash に手動で入ります。

ターミナルエミュレータのオプションを使用する

fish を起動するコマンドラインオプションを使用してターミナルエミュレータを開くという方法もあります。大抵のターミナルでは -e スイッチを使います。例えば fish を使用して gnome-terminal を開くには、ショートカットを以下のように変更してください:

gnome-terminal -e fish

シェルの設定をサポートしていない LilyTerm などの軽量ターミナルエミュレータでは以下のように設定してください:

SHELL=/usr/bin/fish lilyterm

ターミナルの設定からターミナルのデフォルトシェルを fish に設定できたり、ターミナルエミュレータにプロファイル機能がある場合、ターミナルプロファイルで設定できることがあります。

どちらにしてもターミナルエミュレータを開いたら、fish が起動するようになります。

ターミナルマルチプレクサのオプションを使用する

tmux で起動するシェルを fish に設定するには、以下を ~/.tmux.conf に記述してください:

set-option -g default-shell "/usr/bin/fish"

tmux を起動すると fish が立ち上がるようになります。

fish をデフォルトシェルに設定する

fish をデフォルトシェルとして設定した場合、パスが正しく設定されていないことに気づくでしょう。~/.config/fish/config.fish ファイルにセクションを追加してログイン時にパスを適切に設定することができます。ログインシェルの場合だけ実行される .profile.bash_profile と同じです。

if status --is-login
        set PATH $PATH /usr/bin /sbin
end
ノート: $MOZ_PLUGIN_PATH など、他の環境変数も手動で追加する必要があります。fish をデフォルトシェルとしてシームレスに使えるようにするには骨が折れる作業量になります。fish をデフォルトシェルに設定しない方が簡単です。

グリーティングを無効化

デフォルトでは、fish は起動時にグリーティングメッセージを表示します。無効にするには、fish の設定ファイルに set fish_greeting と追加してください。

su で fish を起動する

su で Bash が起動する場合、fish の設定ファイルに以下の関数を定義します:

function su
    /bin/su --shell=/usr/bin/fish $argv
end

ログイン時に X を起動

以下を ~/.config/fish/config.fish の最後に追加してください:

# Start X at login
if status --is-login
    if test -z "$DISPLAY" -a $XDG_VTNR = 1
        exec startx -- -keeptty
    end
end

liquidprompt を使う

Liquidprompt は Bash と Zsh 用に作られたフル機能の人気のあるアダプティブプロンプトですが fish に対応する予定はありません [1]fish-lp プロジェクト は fish で Liquidprompt を実装しています。

プロンプトに git の状態を表示する

カレントディレクトリが git ディレクトリの場合に fish でブランチなどの状態を表示するには、以下を ~/.config/fish/config.fish に追加します:

# fish git prompt
set __fish_git_prompt_showdirtystate 'yes'
set __fish_git_prompt_showstashstate 'yes'
set __fish_git_prompt_showupstream 'yes'
set __fish_git_prompt_color_branch yellow

# Status Chars
set __fish_git_prompt_char_dirtystate '⚡'
set __fish_git_prompt_char_stagedstate '→'
set __fish_git_prompt_char_stashstate '↩'
set __fish_git_prompt_char_upstream_ahead '↑'
set __fish_git_prompt_char_upstream_behind '↓'
 
function fish_prompt
        set last_status $status
        set_color $fish_color_cwd
        printf '%s' (prompt_pwd)
        set_color normal
        printf '%s ' (__fish_git_prompt)
       set_color normal
end

ssh-agent の評価

fish では適切な変数が設定されていないため eval (ssh-agent) を実行するとエラーが生成されます。この問題を解決するには、csh 風のオプションである -c を使ってください:

$ eval (ssh-agent -c)

"command not found" フック

pkgfile には "command not found" フックが含まれており、認識できないコマンドを入力したときに自動的に公式リポジトリが検索されます。pkgfile をインストールすると自動的にフックが実行されるようになっています。

トラブルシューティング

履歴置換

Fish は履歴置換 (例: sudo !!) を実装しておらず、fish の開発者は 実装する予定もない と発言しています。しかしながら、履歴置換は多くのユーザーにとって必要不可欠な機能です。Reddit ユーザーの crossroads1112 が履歴置換の機能を再現した関数を作成しています (ただし構文は異なっています)。関数は github にあり、使い方はコメントとして書いてあります。オリジナルの構文に近づけた フォークバージョン も存在し、ヘルパー関数でコマンドを指定すれば command !! が使えます。

command !! を使用できるようにする方法は Fish の github wiki にもあります。bind_bang 関数で !! をコマンド履歴の最後のコマンドに展開する例が載っています。こちらの github issue も参照してください。

参照