FluidSynth

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

FluidSynth は SoundFont 2 の仕様に基づいたリアルタイムソフトウェアシンセサイザーです。gst-plugins-bad の依存パッケージになっているため、gnome グループをインストールしたときに一緒にインストールされます。

FluidSynth のインストール

まずは公式リポジトリから fluidsynthインストールしてください。

ただし、これだけでは FluidSynth はまだ音を出せません。FluidSynth には音源サンプルが含まれていないためです。音を出すには、音源パッチまたはサウンドフォントをインストールして、fluidsynth がそれを見つけられるように設定する必要があります。SoundFont サンプルをインストールすることができます。

FluidSynth の使い方

FluidSynth を使う方法は2つあります。MIDI プレイヤーとして使うか、ALSA に MIDI サポートを追加するデーモンとして使うかです。

スタンドアロンモード

簡単に fluidsynth を使って MIDI ファイルを再生することができます:

$ fluidsynth -a alsa -m alsa_seq -l -i /usr/share/soundfonts/FluidR3_GM2-2.sf2 example.midi

ここでは公式リポジトリから soundfont-fluid をインストールしていると仮定しています。

fluidsynth には他にもたくさんのオプションが存在しています。man ページを見たり -h を使ってヘルプを表示してください。

-a オプションを指定することで alsa の代わりに pulseaudio を使うこともできます。

ALSA デーモンモード

fluidsynth を ALSA デーモンとして動作させたい場合、/etc/conf.d/fluidsynth を編集して、使いたいサウンドフォントを追加してください。例えば fluidr3 の場合:

SYNTHOPTS="-is -a alsa -m alsa_seq -r 48000"
SOUNDFONT="/usr/share/soundfonts/FluidR3_GM2-2.sf2"

その後、fluidsynth サービスを起動させてセッションを実行できます:

# systemctl start fluidsynth

起動時に毎回サービスが起動するようにしたい場合、systemd で有効化してください:

# systemctl enable fluidsynth

以下の設定で (システムのハードウェア MIDI ポートに加えて) ソフトウェア MIDI 出力ポートができます:

$ aconnect -o
client 128: 'FLUID Synth (5117)' [type=user]
   0 'Synth input port (5117:0)'

aplaymidi などでこのポートを使うことができます:

$ aplaymidi -p128:0 example.midi

MIDI を OGG に変換する方法

midi を ogg に変換するシンプルなコマンドライン:

$ fluidsynth -nli -r 48000 -o synth.cpu-cores=2 -T oga -F example.ogg /usr/share/soundfonts/fluidr3/FluidR3GM.SF2 example.MID

以下は同時に複数の midi ファイルを ogg に変換する小さなスクリプトです:

#!/bin/bash
maxjobs=$(grep processor /proc/cpuinfo | wc -l)
midi2ogg() {
	name=$(echo $@ | sed -r s/[.][mM][iI][dD][iI]?$//g | sed s/^[.][/]//g)
	for arg; do 
	fluidsynth -nli -r 48000 -o synth.cpu-cores=$maxjobs -F "/dev/shm/$name.raw" /usr/share/soundfonts/fluidr3/FluidR3GM.SF2 "$@"
	oggenc -r -B 16 -C 2 -R 48000 "/dev/shm/$name.raw" -o "$name.ogg"
	rm "/dev/shm/$name.raw"
	## Uncomment for replaygain tagging
	#vorbisgain -f "$name.ogg" 
	done
}
export -f midi2ogg
find . -regex '.*[.][mM][iI][dD][iI]?$' -print0 | xargs -0 -n 1 -P $maxjobs bash -c 'midi2ogg "$@"' --