GParted

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

GPartedGNU Parted の GTK+ フロントエンドであり GNOME の公式パーティションエディタです。さまざまなファイルフォーマット [1] のパーティションの作成/削除/リサイズ/チェックができます。また、パーティションのコピー・ペーストだけでなくドライブのボリュームラベルの管理にも使えます。GParted は extra リポジトリから手に入ります。必要なら Live CD もあります。アンマウントしないとできない、ルートファイルシステムのパーティションの修正を行わなくてはならない場合 Live CD をダウンロードする必要があります。

警告: GParted はドライブパーティションの読み書きを行うので、不適切な利用はデータロスにつながりかねません。GParted を使う前に影響を及ぼすパーティションをバックアップすることが推奨されています。

インストール

公式リポジトリから gpartedインストールしてください。

任意の依存パッケージ

ファイルシステム

GParted のパッケージだけではサポートされていないファイルシステムがあります。そういったファイルシステムに対応するために必要な追加のパッケージの一覧です:

パッケージ ファイルシステム
btrfs-progs Btrfs
dosfstools fat16/32
e2fsprogs ext2/ext3/ext4 (v1.41+)
exfat-utils exfat
f2fs-tools F2FS
jfsutils JFS
ntfs-3g NTFS
reiser4progsAUR Reiser4
reiserfsprogs Reiser3
xfsprogs XFS

機能の追加

パッケージ 機能
mtools MS-DOS ディスクのためのユーティリティ。FAT ボリュームラベルを修正したい場合に必要です。

pacman によって GParted をインストールした時も、これらのリストが表示されます。

GParted のサポート

何かわからないことがあったらコマンドを実行する前に GParted の公式フォーラム を見て下さい。

Tips and tricks

Windows XP とのデュアルブート

Windows XP パーティションを別のドライブに移動してブートパーティションにしたい場合、パーティションを移動する前に以下のレジストリキーを削除することで GParted を使って簡単に Windows を維持することができます:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\MountedDevices

こちら を参照してください。

パーティションの順番を修正する

論理ボリュームを使っていて、どれか一つを削除するとパーティションの順番が狂ってしまうことがあります。以下の例を見て下さい:

/dev/sda1 (Primary partition)
/dev/sda2 (Primary partition)
/dev/sda3 (Primary partition)
/dev/sda4 (EXTENDED partition)
/dev/sda5 (Logical partition)
/dev/sda6 (Logical partition)
/dev/sda7 (Logical partition)

1-3 がプライマリパーティションで、5-6 が(拡張パーティションに含まれた)論理パーティションとなっています。ここで /dev/sda5 を削除して /dev/sda2 を空きスペースにコピー・ペーストすると、ドライブは以下のようになります:

/dev/sda1 (Primary partition)
/dev/sda2 (Primary partition)
/dev/sda3 (Primary partition)
/dev/sda4 (EXTENDED partition)
/dev/sda7 (Logical partition)
/dev/sda5 (Logical partition)
/dev/sda6 (Logical partition)

削除とコピーペーストによって順番がおかしくなってしまいました。パーティションがマウントできなくなったり GRUB に error 17 が出たり、システムを起動できなくなったりする可能性があります。この問題を解決する方法は単純です:

  1. Arch Live CD または GParted Live CD (もしくは他の Linux のライブ CD) を起動
  2. ドライブで fdisk を起動して、エキスパートモードに入り、パーティションの順番を修正して、ディスクに書き込む

/dev/sda を使う例:

# fdisk /dev/sda
  1. fdisk に入ったら、x オプション (エクストラ機能) を選択してエンターを入力
  2. f (パーティション順序の修正) を選択してエンター
  3. w オプション (ディスクにテーブルを書き込んで終了) を選択してエンター
ノート: You must run partprobe as root or reboot the system in order for the kernel to read the new partition table!

GParted をメニューから起動する

xfce アプリケーションメニューなどのメニューから GParted を起動できないときは、polkit パッケージをインストールして、セッションと同時に自動的に起動するようにしてください。

GParted オンラインリサイズと dmraid を有効にする

以下の設定を使ってパッケージをリビルドする必要があります:

./configure --enable-online-resize --enable-libparted-dmraid