Multilib

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

[multilib] リポジトリを有効にすることで、64ビット環境の Arch Linux で32ビットアプリケーションの動作・ビルドができるようになります。[multilib] は、32ビットバイナリアプリケーションの実行時に必要な、32ビット命令セットライブラリを含んだディレクトリを /usr/lib32/ の中に作ります。

ディレクトリ構造

[multilib] が有効になった64ビット環境の Arch Linux は Debian と似たディレクトリ構造をとります。32ビット互換ライブラリは /usr/lib32/ の下に置かれ、ネイティブの64ビットライブラリは /usr/lib/ の下に置かれます。

有効化

この [multilib] リポジトリを有効にするには、/etc/pacman.conf から以下の部分をアンコメントしてください:

[multilib]
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist

それからパッケージリストを更新するために pacman-Syy スイッチをつけて実行する必要があります。

無効化

multilib をアンインストールして純粋な64ビット環境に戻したい場合:

以下のコマンドを実行して multilib からインストールしたパッケージを全て削除します:

# pacman -R $(paclist multilib | cut -f1 -d' ')

gcc-libs が衝突するときは64ビット版を再インストールしてから上記のコマンドを再度実行してください:

# pacman -S gcc-libs base-devel

/etc/pacman.conf[multilib] セクションをコメントアウト:

#[multilib]
#Include = /etc/pacman.d/mirrorlist

その後 pacman -Syu でパッケージリストを更新してアップグレードしてください。

参照