PCManFM

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

プロジェクトページ より:

PCMan File Manager (PCManFM) は、台湾の洪任諭 (Hong Jen Yee) によって開発されたフリーのファイルマネージャアプリケーションである。GNU General Public License の下、Nautilus や Konqueror、Thunar に取って代わることを目標としている。PCManFM は LXDE の標準ファイルマネージャであり、また PCManFM と LXDE の開発者は同一人物である。PCManFMは 、相互運用性のために Freedesktop.org によって与えられる仕様に従っている。

インストール

pcmanfm公式リポジトリからインストールできます。開発版を使いたい場合は pcmanfm-gitAUR をインストールしてください。ゴミ箱 や udisk によるマウント、リモートファイルシステム機能のサポートのために gvfs もインストールすることを推奨します。

PCManFM の Qt 版は pcmanfm-qtpcmanfm-qt-gitAUR でインストールできます。

デスクトップの管理

下記のコマンドで、PCManFM により壁紙の設定とデスクトップアイコンの利用ができます。

pcmanfm --desktop

ウインドウマネージャのネイティブなデスクトップメニューは、PCManFM が提供するものに差し替えられるでしょう。しかしながら、PCManFM 自体のメニューで、デスクトップ タブの デスクトップの設定デスクトップをクリックしたときウインドウマネージャのメニューを表示する を有効にすれば元に戻ります。

デスクトップの優先

もしウインドウマネージャのネイティブデスクトップメニューを利用しているのなら、以下のコマンドでいつでもデスクトップに設定したり修正することができます。

$ pcmanfm --desktop-pref

このコマンドをキーバインドやネイティブデスクトップメニューに追加して容易に実行可能にしておくことを検討する価値があるでしょう。

新しいアイコンの作成

テキストファイルや文書や画像などのユーザーコンテンツをデスクトップに直接ドラッグドロップすることができます。

アプリケーションへのショートカットを作成するには、そのショートカットを ~/Desktop ディレクトリ内に .desktop で直接に保存する必要があります。 ファイルそのものをドラッグドロップすると、そのファイルが完全に移動されてしまいます。ショートカット作成のためのコマンド表記は以下の通りです。

cp /usr/share/applications/<name of application>.desktop ~/Desktop

たとえば(インストールされていれば)、lxterminal のショートカットを作成するには以下のようなコマンドを実行すればよいでしょう。

cp /usr/share/applications/lxterminal.desktop ~/Desktop

Xdg ユーザーディレクトリプログラムを利用している人は、$HOME ディレクトリを作成していれば、それ以上の設定は必要ありません。

デーモンモード

PCManFM をバックグラウンドで実行したいときは (リムーバルメディアの自動マウントなどをしたい場合)、次のコマンドを使用:

pcmanfm -d

自動マウントができない場合、udisks を見て下さい。

自動起動

PCManFM をデーモンプロセスとして自動起動したりスタンドアロンのウィンドウマネージャのデスクトップを管理する方法はウィンドウマネージャによります。例えば、Openbox のデスクトップの管理を有効にするには、以下のコマンドを ~/.config/openbox/autostart ファイルに追加します:

pcmanfm --desktop &

使用するウィンドウマネージャの公式ホームページや wiki の記事を見て下さい。ウィンドウマネージャが autostart ファイルを提供していない場合は、代わりに以下のファイルを編集することで PCManFM を自動起動することが可能です:

追加の機能

経験の浅いユーザーは、ファイルマネージャだけだと (特に Openbox のようなスタンドアロンのウィンドウマネージャをインストールしている場合) XfceKDE などの完全なデスクトップ環境で使い慣れていた機能がないことに気づくかもしれません。それについては詳しくはファイルマネージャの機能を見て下さい。

Tips and tricks

ワンクリックでフォルダやファイルを開く

ファイルエクスプローラーモードで PCManFM を開いて、編集 > 設定 > 一般 > 動作からファイルをシングルクリックで開くようにするを選んで下さい。このオプションはデスクトップアイコンにも適用されます。

アーカイブを PCManFM で開いたり復元したりする

公式リポジトリから file-rollerxarchiver または engrampa をインストールしてください。

ファイルエクスプローラーモードで PCManFM を開いて、編集 > 設定 > 高度な設定からアーカイバ統合を選んでインストールしたアーカイバを選択してください。

トラブルシューティング

Open With ダイアログウィンドウが空

アプリケーションで開くウィンドウに何もアプリケーションが表示されない場合、gnome-menus を削除して代わりに lxmenu-data をインストールしてみてください。さらに、以下の変数を export してください:

export XDG_MENU_PREFIX=lxde-
export XDG_CURRENT_DESKTOP=LXDE

アプリケーションがありません

次の方法を試して下さい: $HOME/.cache/menus ディレクトリ内の全てのファイルを削除して、PCManFM をもう一度実行してください。

PCManFM は環境変数 XDG_MENU_PREFIX が設定されていることを必要とします。この変数の値は /etc/xdg/menus/ ディレクトリにあるファイルの先頭と一致している必要があります。例えば .xinitrc ファイルで次の値を設定できます:

export XDG_MENU_PREFIX="lxde-"

詳細は次のスレッドを見て下さい: [1]、また Linux Mint フォーラムの投稿も参照してください: [2]

アイコンがありません

DE の代わりに WM を使っていてフォルダやファイルのアイコンが表示されない場合、GTK+ のアイコンテーマを指定してください。

例えば oxygen-icons をインストールしているのならば、~/.gtkrc-2.0 もしくは /etc/gtk-2.0/gtkrc を編集して次の行を追加して下さい:

gtk-icon-theme-name = "oxygen"
ノート: 変更を適用するには PCManFM を全て再起動する必要があります。

他のテーマを使うこともできます (gnome, hicolor, locolor は使えません)。インストールされているアイコンテーマを全て表示するには:

$ ls ~/.icons/ /usr/share/icons/

適当なアイコンテーマが存在しないときは、インストールしましょう。アイコンのパッケージでインストール可能なものを全て表示するには:

$ pacman -Ss icon-theme
ヒント: GUI を使う方法として、lxappearance をインストールしてそこからアイコンテーマを適用することも可能です。

マウスボタンによる前/次のフォルダ機能がありません

Xbindkeys を使ってこれを修正する方法があります。

xbindkeys をインストールして ~/.xbindkeysrc を編集し以下を追加してください:

# Sample .xbindkeysrc for a G9x mouse.
"/usr/bin/xvkbd -text '\[Alt_L]\[Left]'"
 b:8
"/usr/bin/xvkbd -text '\[Alt_L]\[Right]'"
 b:9

実際のボタンのコードは xorg-xev パッケージで取得することができます。

以下を ~/.xinitrc に追加してログイン時に xbindkeys が起動するようにしてください:

xbindkeys &

--desktop パラメータが動かない、または、Xサーバがクラッシュする

~/.config/pcmanfm を所有しており書き込み権限があることを確認してください。

--desktop-pref パラメータを使うか ~/.config/pcmanfm/default/pcmanfm.config を編集して壁紙を設定することでこの問題は解決されます。

ターミナルエミュレータの高度な設定が保存されない

libfm 設定ファイルに適切な権限があることを確認してください:

$ chmod -R 755 ~/.config/libfm
$ chmod 777 ~/.config/libfm/libfm.conf

PCManFM にファイルソートの設定を記憶させる

表示 > ファイルを整列するを使うことで PCManFM がファイルを並べる順序を変更することができますが、次に起動した時には PCManFM はその順序を記憶していません。記憶させるには、編集 > 設定に行き終了してください。これで ~/.config/pcmanfm/LXDE/pcmanfm.conf に現在の sort_type と sort_by の値が書き込まれます。

USBドライブにアクセス/マウントしようとすると "Not authorized" エラーが出る

ファイルマネージャの機能の記事のパーティションやリムーバルメディアにアクセスするのに必要なパスワードセクションを見て下さい。

Operation not supported

トラブルシューティングの記事のセッションパーミッションを見て下さい。