Pacman ヒント

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

以下のヒントや pacman 自体の柔軟性を広げる汎用的な手法については、Core UtilitiesBash を見てください。

目次

外観と利便性の向上

グラフィカルフロントエンド

  • Discover — KDE のパッケージ管理ツールのコレクション。PackageKit を使用。
https://projects.kde.org/projects/kde/workspace/discover || discover
  • GNOME packagekit — GTK ベースのパッケージ管理ツール。
http://www.freedesktop.org/software/PackageKit/ || gnome-packagekit
  • GNOME Software — Gnome ソフトウェアアプリ (GNOME の精選ソフトウェアコレクション)。
https://wiki.gnome.org/Apps/Software || gnome-software
  • pcurses — curses フロントエンドのパッケージ管理ツール。
https://github.com/schuay/pcurses || pcurses
  • tkPacman — Tcl/Tk と X11 にしか依存せず、CLI の pacman を使ってパッケージデータベースを操作できるソフトウェア。
http://sourceforge.net/projects/tkpacman || tkpacmanAUR

ユーティリティ

  • Arch-Update — Gnome-Shell のアップデートインジケータ。
https://github.com/RaphaelRochet/arch-update || gnome-shell-extension-arch-updateAUR
  • Lostfiles — 孤立したファイルを検知するスクリプト。
https://github.com/graysky2/lostfiles || lostfilesAUR
  • Pacmatic — アップグレードの前に Arch ニュースをチェックして、設定ファイルの変更を警告する pacman ラッパ。
http://kmkeen.com/pacmatic || pacmatic
  • Pactoys — リポジトリマネージャ・上流リリースの確認ツール・PKGBUILD の品質チェッカなどが含まれたユーティリティセット。
https://github.com/renatosilva/pactoys || AUR で検索
  • pacutils — libalpm ベースのプログラムのヘルパーライブラリ。
https://github.com/andrewgregory/pacutils || pacutils-gitAUR
  • pkgfile — あるファイルを使っているパッケージが何かを見つけるツール。
http://github.com/falconindy/pkgfile || pkgfile
  • pkgtools — Arch Linux パッケージ用のスクリプトコレクション。
https://github.com/Daenyth/pkgtools || pkgtoolsAUR
  • repoctl — ローカルリポジトリの管理を補助するツール。
https://github.com/cassava/repoctl || repoctlAUR
  • repose — Arch Linux リポジトリ作成ツール。
https://github.com/vodik/repose || reposeAUR
  • srcpac — ソースからのパッケージのリビルドを自動化するシンプルなツール。
https://projects.archlinux.org/srcpac.git || srcpac
  • snap-pac — openSUSE の YaST のように pacman で自動的に snapper のスナップショットを作成するツール。
https://github.com/wesbarnett/snap-pac || snap-pacAUR

メンテナンス

ノート: このセクションで使われている comm (sort でソートして入力する必要があります) の代わりに、grep -Fxfgrep -Fxvf を使うこともできます。

システムメンテナンスも参照。

パッケージをリストアップ

バグを報告したりインストールしたパッケージについて説明するときは、インストール済みのパッケージとそのバージョンのリストを貼り付けると便利です。

  • 明示的にインストールしたパッケージを全てリストアップ: pacman -Qe
  • 依存パッケージではない、明示的にインストールしたネイティブのパッケージ (同期データベースに存在するパッケージ) を全てリストアップ: pacman -Qent
  • 外部からインストールしたパッケージ (手動でダウンロード・インストールしたパッケージ) をリストアップ: pacman -Qm
  • ネイティブなパッケージ (同期データベースからインストールしたパッケージ) をリストアップ: pacman -Qn
  • 正規表現でパッケージをリストアップ: pacman -Qs regex
  • 正規表現でカスタム出力形式を使ってパッケージをリストアップ: expac -s "%-30n %v" regex (expac が必要です)。

容量でソート

インストールしたパッケージのリストを容量で並び替えたい場合 (ハードドライブの空き容量を増やしたいときに有用):

  • expac をインストールして expac -H M '%m\t%n' | sort -h を実行。
  • -c オプションを付けて pacgraph を実行。

複数のパッケージのダウンロード容量をリストアップするには (packages を空にすると全てのパッケージの情報が出力されます):

$ expac -S -H M '%k\t%n' packages

basebase-devel に存在しない明示的にインストールしたパッケージの容量と説明をリストアップするには:

$ expac -H M "%011m\t%-20n\t%10d" $(comm -23 <(pacman -Qqen | sort) <(pacman -Qqg base base-devel | sort)) | sort -n

日付を使う

expac を使って最後にインストールした20のパッケージをリストアップするには、次のコマンドを実行:

$ expac --timefmt='%Y-%m-%d %T' '%l\t%n' | sort | tail -n 20

もしくはエポック秒を使って (1970-01-01 UTC):

$ expac --timefmt=%s '%l\t%n' | sort -n | tail -n 20

指定したグループやリポジトリに存在しないパッケージ

ノート: 依存パッケージとしてインストールされたが、既にどのパッケージからも必要とされていないパッケージを確認したい場合は使用していないパッケージの削除 (孤立したパッケージ) を参照。

basebase-devel グループに存在しない明示的にインストールしたパッケージをリストアップ:

$ comm -23 <(pacman -Qeq | sort) <(pacman -Qgq base base-devel | sort)

basebase-devel グループに存在せず、他のパッケージによって必要とされていないインストール済みパッケージをリストアップ:

$ comm -23 <(pacman -Qqt | sort) <(pacman -Sqg base base-devel | sort)

上記と同じで、説明を付けてリストアップ:

$ expac -HM '%-20n\t%10d' $(comm -23 <(pacman -Qqt | sort) <(pacman -Qqg base base-devel | sort))

指定したリポジトリ repo_name に存在しないインストール済みパッケージをリストアップ:

$ comm -23 <(pacman -Qtq | sort) <(pacman -Slq repo_name | sort)

repo_name リポジトリに含まれているインストール済みパッケージをリストアップ:

$ comm -12 <(pacman -Qtq | sort) <(pacman -Slq repo_name | sort)

パッケージに含まれているファイルを容量を付けてリストアップ

特定のパッケージが異常な容量を消費していて、どのファイルが容量を食っているのか調べたいときに便利なコマンドです。

$ pacman -Qlq package | grep -v '/$' | xargs du -h | sort -h

ファイルがどのパッケージにも含まれていないことを確認

どのパッケージにも所有されていない謎のファイルが存在する場合 (パッケージマネージャを使わずにソフトウェアをインストールした場合など)、ファイルを見つけ出して消去すると良いでしょう。以下の手順で見つけ出せます:

  1. 所有者を確認したいファイルのソート済みリストを作成:
    $ find /etc /opt /usr | sort > all_files.txt
  2. pacman によって追跡されているファイルのソート済みリストを作成 (そしてディレクトリの末尾のスラッシュを削除):
    $ pacman -Qlq | sed 's|/$||' | sort > owned_files.txt
  3. 後者のファイルには存在しない行を確認:
    $ comm -23 all_files.txt owned_files.txt

どのパッケージにも含まれない重要なファイル (実行時に生成されるファイルやカスタム設定など) も存在するため、安全に消去できるファイルを選び出す方法としては不適切です。

ヒント: lostfilesAUR スクリプトは上記と同じようなことを実行しますが、出力から偽陽性のファイルを取り除くための包括的なブラックリストを使用します。

使用していないパッケージの削除 (孤立したパッケージ)

再帰的に孤立したパッケージ(とその設定ファイル)を削除するには:

# pacman -Rns $(pacman -Qtdq)

孤立したパッケージが見つからなかった場合、pacman は error: no targets specified を出力します。pacman -Rns に何も引数が指定されていないとこうなります。

ノート: pacman 4.2.0 現在、-Qt は本当に孤立しているパッケージしかリストアップしません。他のパッケージによって任意で必要とされているパッケージを含めたい場合、-t フラグを2回指定してください (-Qtt)。

-Rns (や -Rnc) オプションは直接依存しているパッケージだけを削除し、明示的にインストールされた任意の依存パッケージは削除しません (--asdeps オプションを使用しなかった場合)。

必須ではありませんが、任意の依存パッケージをインストールする際に --asdeps オプションを使用してインストールすることでシステムメンテナンスが楽になります。実行時やインストール時には何も変化はありませんが、--asdeps オプションを使用してインストールしておけば、孤立したパッケージを削除するときに一緒に削除されるようになります。任意の依存パッケージをインストールするときは、以下のコマンドを使うようにしましょう:

# pacman -S --asdeps <packages that are optional dependencies>

base グループ以外の全てのパッケージを削除する

base グループを除く全てのパッケージを削除する必要がある場合は、以下のワンライナーを試して下さい:

# pacman -R $(comm -23 <(pacman -Qq | sort) <((for i in $(pacman -Qqg base); do pactree -ul "$i"; done) | sort -u))

上記のワンライナーは こちらのスレッド に書かれたものが元になっています。

複数のパッケージの依存パッケージリストを取得

依存パッケージはアルファベット順でソートされ、重複するパッケージは削除されます。

ノート: ローカルにインストールしたパッケージのツリーを表示したいだけの場合、pacman -Qi を使ってください。
$ pacman -Si packages | awk -F'[:<=>]' '/^Depends/ {print $2}' | xargs -n1 | sort -u

もしくは、expac を使用して:

$ expac -l '\n' %E -S packages | sort -u

変更されたバックアップファイルをリストアップ

システムの設定ファイルをバックアップしたい場合は /etc/ にある全てのファイルをコピーすれば良いですが、普通は変更を加えたファイルだけをバックアップすればそれで足ります。変更が加えられたバックアップファイルは次のコマンドで閲覧できます:

# pacman -Qii | awk '/^MODIFIED/ {print $2}'

root で上記のコマンドを実行することで root からしか読み取れないファイル (/etc/sudoers など) も出力に含まれるようになります。

ヒント: バックアップファイルだけでなく、pacman が認識している全ての変更済みファイルをリストアップしたい場合はパッケージから変更された全てのファイルをリストアップを見てください。

pacman データベースをバックアップ

次のコマンドでローカルの pacman データベースをバックアップできます:

$ tar -cjf pacman_database.tar.bz2 /var/lib/pacman/local

バックアップした pacman データベースファイルは USB スティックや外付けハードドライブ、CD-R などのオフラインメディアに保存してください。

pacman_database.tar.bz2 ファイルを / ディレクトリに移動して以下のコマンドを実行することでデータベースを復元できます:

# tar -xjvf pacman_database.tar.bz2
ノート: pacman データベースファイルが破損していて、バックアップファイルが存在しない場合でも、pacman データベースを再構築できる望みはあります。pacman のローカルデータベースを復元するを見てください。
ヒント: pakbak-gitAUR パッケージには上記の作業を自動的に行うスクリプトと systemd サービスが入っています。/etc/pakbak.conf で設定が可能です。

変更履歴を簡単に確認

メンテナがパッケージを更新するとき、大抵の場合コミットにはコメントが付けられます。pacologAUR をインストールすることでコマンドラインからコミットメッセージを確認することができます。pacolog <package> を実行すると、公式リポジトリや AUR のパッケージの最近のコミットメッセージを出力します。

インストールとリカバリ

パッケージを取得・復活させる別の方法。

パッケージを CD/DVD や USB スティックからインストールする

パッケージやパッケージグループをダウンロードするには:

# cd ~/Packages
# pacman -Syw base base-devel grub-bios xorg gimp --cachedir .
# repo-add ./custom.db.tar.gz ./*

ダウンロードしたら "Packages" フォルダを CD/DVD に焼くか USB スティック、外部 HDD などにコピーしてください。

インストールするには:

1. メディアをマウントする:

# mkdir /mnt/repo
# mount /dev/sr0 /mnt/repo    # CD/DVD の場合
# mount /dev/sdxY /mnt/repo   # USB スティックの場合。

2. pacman.conf を編集して他のリポジトリ (例: extra, core など) の前にリポジトリを追加してください。この手順は重要です。これで標準のリポジトリに優先して CD/DVD/USB のファイルがインストールされるようになります:

# nano /etc/pacman.conf
[custom]
SigLevel = PackageRequired
Server = file:///mnt/repo/Packages

3. 最後に、pacman データベースを同期して新しいリポジトリを使えるようにしてください:

# pacman -Syu

カスタムローカルリポジトリ

pacman 3 では個人的なリポジトリのデータベースの作成をより簡単にするため repo-add という名前の新しいスクリプトが導入されました。詳しい使い方は repo-add --help を実行して見て下さい。

リポジトリに含むパッケージを全て一つのディレクトリに保存して、次のコマンドを実行してください (repo はカスタムリポジトリの名前に置き換えてください):

$ repo-add /path/to/repo.db.tar.gz /path/to/*.pkg.tar.xz

repo-add を使う際、データベースとパッケージは同じディレクトリにある必要はないので注意してください。ただしそのデータベースで pacman を使うときには、揃っていないといけません。

新しいパッケージを追加する(そして古いパッケージが存在していたら削除する)には、次を実行してください:

$ repo-add /path/to/repo.db.tar.gz /path/to/packagetoadd-1.0-1-i686.pkg.tar.xz
ノート: リポジトリからパッケージを削除する必要がある場合、repo-remove を使ってください。

ローカルリポジトリを作成できたら、リポジトリを pacman.conf に追加してください。db.tar.gz ファイルの名前がリポジトリの名前です。file:// url を使って直接参照するか、ftp://localhost/path/to/directory を使って FTP でアクセスしてください。

カスタムリポジトリを非公式ユーザーリポジトリに追加すれば、コミュニティはそれを使うことができるようになります。

pacman のキャッシュをネットワークで共有する

LAN 上で複数の Arch マシンを使っている場合、パッケージを共有することでダウンロード回数を劇的に減らすことができます。使用しているアーキテクチャが異なるマシン (i686 と x86_64) でキャッシュを共有してはいけません。問題が発生します。

読み取り専用キャッシュ

簡単な方法として、他のコンピュータからミラーとして使用できるスタンドアロンのウェブサーバーを実行するという方法があります: darkhttpd /var/cache/pacman/pkg。サーバーをミラーリストの一番上に追加してください。キャッシュが存在しない場合、404エラーが大量に出てしまいますが、その場合 pacman はリストの次のミラーを使用します。

読み書き可能キャッシュ

ヒント: pacserve を使うことで以下の方法をもっと簡単に実現できます。

複数のコンピュータ間でパッケージを共有するには、ネットワークベースのマウントプロトコルを使って /var/cache/pacman/ を共有します。このセクションでは shfs または sshfs を使ってパッケージキャッシュと関連するライブラリディレクトリを同一ローカルネットワーク上の複数のコンピュータで共有する方法を示します。ネットワークで共有されるキャッシュは、ファイルシステムの選択やその他の要因で、遅くなることがあります。

まず、ネットワークをサポートするファイルシステムをインストールしてください。例えば sshfs, shfs, ftpfs, smbfs, nfs など。

ヒント:
  • sshfs や shfs を使う場合、SSH 鍵を読んで下さい。
  • デフォルトでは、smbfs はファイル名にコロンを使えないので、クライアントは問題のあるパッケージをダウンロードしなおしてしまいます。クライアント側で mapchars マウントオプションを使用することで解決します。

それから、サーバーの /var/cache/pacman/pkg をクライアントマシンの /var/cache/pacman/pkg にマウントすることでパッケージを共有できます。

nginx を使用する動的なリバースプロキシキャッシュ

nginx を使って公式の上流ミラーへのリクエストをプロキシして結果をローカルディスクにキャッシュすることができます。その後、ファイルへのリクエストは全てローカルのキャッシュから供給されるようになり、大量のサーバーを更新するときでもインターネットのトラフィックを簡単に最小限に抑えることができます。

警告: この方法には欠点があります。パッケージファイルの相対パスが同じミラーを使う必要があり同じパスを使うようにキャッシュを設定しなければなりません。この例では、相対パスが /archlinux/$repo/os/$arch のミラーを使用して mirrorlist のキャッシュの Server 設定も同じ相対パスとします。

この例では、キャッシュサーバーを http://cache.domain.local:8080/ で実行してパッケージを /srv/http/pacman-cache/ に保存します。

キャッシュのディレクトリを作成して nginx からファイルが書き込めるようにパーティションを設定:

 # mkdir /srv/http/pacman-cache
 # chown http:http /srv/http/pacman-cache

次に、nginx を 動的キャッシュ として設定 (コマンドについてはコメントを読んでください)。

最後に、他の Arch Linux サーバーを更新して mirrorlist ファイルに以下の行を追加して新しいキャッシュを使うように設定:

/etc/pacman.d/mirrorlist
Server = http://cache.domain.local:8080/archlinux/$repo/os/$arch
...
ノート: 時間と共にディレクトリは膨れ上がるため、古いパッケージを消去できるようにする必要があります。(pacman に含まれている) paccache を使うことでお好きな基準で消去を自動化することが可能です。例えば、find /srv/http/pacman-cache/ -type d -exec paccache -v -r -k 2 -c {} \; はキャッシュディレクトリに最新から1つ前のバージョンまでパッケージを保持します。

BitTorrent Sync を使って pacman のパッケージキャッシュを同期する

BitTorrent Sync はネットワークを介してフォルダを同期する新方法です (LAN でもインターネットでも動作します)。ピアツーピアなのでサーバーを設定する必要はありません: 詳しくはリンクを参照してください。 BitTorrent Sync を使って pacman のキャッシュを共有する方法:

  • まず同期したいマシンに AUR から btsyncAUR パッケージをインストール。
  • BitTorrent Sync の wiki ページや AUR パッケージのインストール手順に従う。
    • root アカウントで動作するように BitTorrent Sync を設定。pacman パッケージキャッシュの読み書き権限が必要です。
    • btsync のウェブ UI でパスワードを設定。
    • btsync の systemd デーモンを起動。
    • btsync のウェブ GUI から最初のマシンに新しい同期フォルダを追加して Secret を生成。フォルダは /var/cache/pacman/pkg を指定。
    • 同じ Secret を使って他のマシンにもフォルダを追加してシステム間でキャッシュされたパッケージを共有。もしくは、最初のシステムをマスター、他のシステムをスレーブとして、Read Only Secret を使用。/var/cache/pacman/pkg を指定。

マシンを接続したらキャッシュの同期が開始されます。Pacman は同期中でも問題なく動作します。同期は完全に自動です。

ノート: BitTorrent Sync のフリーの代替として Syncthing が存在し、同じように使うことができます。

要らなくなったキャッシュが消えないようにする

デフォルトでは、pacman -Sc はコマンドの実行時にマシンにインストールされていないパッケージのキャッシュを削除します。pacman はキャッシュを共有している全てのマシンにインストールされているパッケージを推測することができないため、削除してはいけないファイルまで削除してしまいます。

キャッシュを削除するときは古い tarball だけを削除するように、/etc/pacman.conf[options] セクションに以下のエントリを追加してください:

CleanMethod = KeepCurrent

ファイルシステムからパッケージを再作成

ファイルシステムからパッケージを再作成するには、(pacman に含まれている) bacman を使います。システム上のファイルがそのまま使われるため、作成されるパッケージにはファイルへの変更も一緒に含まれてしまいます。再作成したパッケージの配布は非推奨です。ABSArch Rollback Machine を見てください。

ヒント: bacmanmakepkg.confPACKAGER, PKGDEST, PKGEXT オプションを使用します。環境変数をエクスポートすることで圧縮ツールのオプションを指定することができます。例えば XZ_OPT="-T 0"xz の並列圧縮を有効化します。

別のツールとして fakepkgAUR も存在します。並列化をサポートしており複数のパッケージを入力することができます。bacman ではどちらもサポートされていません。

インストール済みパッケージのリスト

ヒント:
  • 以下の作業は自動化できます。plist-gistAURbacpac を参照。
  • 既にインストールされているパッケージをスキップするには、--needed を使ってください。

ネイティブの、明示的にインストールしたパッケージのリストを保存しておくことで新しいシステムのインストールを素早く行うことができます。

$ pacman -Qqen > pkglist.txt

リストのバックアップからパッケージをインストールするには、以下のコマンドを実行:

# pacman -S - < pkglist.txt

AUR のパッケージなど、外部からインストールしたパッケージがリストに含まれている場合、リストから削除:

# pacman -S $(comm -12 <(pacman -Slq | sort) <(sort pkglist.txt))

リストに書かれていないパッケージを全て削除するには:

# pacman -Rsu $(comm -23 <(pacman -Qq | sort) <(sort pkglist.txt))

パッケージから変更された全てのファイルをリストアップ

ファイルが破損している可能性があるが (例: ソフトウェアあるいはハードウェアの故障)、ファイルが確実に破損しているとは言えない場合、パッケージのハッシュサムを比較すると良いでしょう。pacutilsAUR で比較することができます:

# paccheck --md5sum --quiet

データベースのリカバリについては pacman のローカルデータベースを復元するを参照。mtree ファイルも該当するパッケージファイルから .MTREE として抽出できます。

ノート: 悪意のある変更がされている可能性がある場合は気をつけてください。セキュリティ上、ライブメディアを使用したりハッシュサムを別のところから持ってくるなどの用心をすることを推奨します。

全てのパッケージの再インストール

全てのネイティブのパッケージを再インストールするには、次を使って下さい:

# pacman -Qnq | pacman -S -

外部の (AUR) パッケージは別に再インストールする必要があります。外部のパッケージは pacman -Qmq で一覧できます。

デフォルトで Pacman はインストールの理由(明示的にインストールしたか、依存でインストールしたか)を維持します。

pacman のローカルデータベースを復元する

pacman/ローカルデータベースの復元を見てください。

既存のインストールから USB キーを復元する

USB キーに Arch をインストールしていて壊してしまった場合 (例: ファイルの書き込み中に取り出してしまった場合など)、全てのパッケージを再インストールして元に戻せる可能性があります (USB キーが /newarch にマウントされている場合):

# pacman -S $(pacman -Qq --dbpath /newarch/var/lib/pacman) --root /newarch --dbpath /newarch/var/lib/pacman

.pkg ファイルに含まれているファイルを閲覧する

例えば、systemd パッケージに含まれている /etc/systemd/logind.conf の中身をみたい場合:

$ tar -xOf /var/cache/pacman/pkg/systemd-204-3-x86_64.pkg.tar.xz etc/systemd/logind.conf

もしくは vim を使って圧縮ファイルを閲覧することもできます:

$ vim /var/cache/pacman/pkg/systemd-204-3-x86_64.pkg.tar.xz

古いパッケージのライブラリを使っているアプリケーションを探す

パッケージをインストールしても、(デーモンやサーバーなど) ずっと実行し続けているプログラムが古いパッケージのライブラリのコードを使用している可能性があります。古いライブラリにセキュリティのバグが存在する場合、プログラムを実行し続けるのは得策ではありません。

以下のコマンドで古いパッケージのコードを使用しているプログラムを全て見つけることができます:

# lsof +c 0 | grep -w DEL | awk '1 { print $1 ": " $NF }' | sort -u

実行中のプログラムの名前と削除あるいは置換された古いライブラリが出力されます。

パフォーマンス

データベースのアクセス速度を向上させる

Pacman はパッケージの全ての情報を、パッケージごとの小さなファイルに保存しています。データベースのアクセス速度を向上させればデータベースを使う処理 (例: パッケージの検索・パッケージの依存関係の解決) にかかる時間が短くなります。一番安全で簡単な方法は root で次を実行することです:

# pacman-optimize

小さなファイルをハードディスクのひとつの (物理的な) 場所にまとめて置くことでパッケージにアクセスするときにハードディスクのヘッドがあまり動かなくてもいいようにします。この方法は安全ですが、フールプルーフではありません。ファイルシステムによっては、ディスク上の使用している領域と空の領域がフラグメンテーションを起こすことがあります。さらにアグレッシブな方法として、データベースを最適化する前にインストールされていないパッケージをキャッシュから削除し使われていないリポジトリを削除するという方法があります:

# pacman -Sc && pacman-optimize

ダウンロード速度を向上させる

ノート: ダウンロード速度が極端に遅い場合、使っているミラーが ftp.archlinux.org ではないことを確認してください。2007年の3月からこのサーバーには速度制限がかかっています

パッケージをダウンロードするとき pacman は /etc/pacman.d/mirrorlist に書かれている順番通りにミラーを使用します。リストの一番上のミラーがデフォルトで使用されますが、それが最速のミラーだとは限りません。一番高速なミラーを選択する方法はミラーを見てください。

Pacman に初めから入っているファイルダウンローダの代わりに、他のアプリケーションを使ってパッケージをダウンロードすることで Pacman のパッケージダウンロード速度を上げることができます。

どんな場合でも、変更を行う前に最新の Pacman を使っていることを確認してください:

# pacman -Syu

Powerpill

Powerpill は Pacman の完全なラッパーで並行・分割ダウンロードを使うことによってダウンロード処理を高速化します。通常の Pacman は一度にひとつのパッケージしかダウンロードしないので、ダウンロードが完了するまで次のダウンロードが始まりません。Powerpill は異なるアプローチを取ります: 同時に可能な限り多くのパッケージをダウンロードしようとします。

Powerpill の wiki ページに基本的な設定・使用方法と、パッケージと上流のリンクがあります。

wget

pacman に初めから入っている機能よりもパワフルなプロキシ設定が必要な場合、wget はとても使い勝手がよいです。

wget を使うには、まず pacman -S wget で wget をインストールして、それから /etc/pacman.conf を編集して次の行を [options] セクションでアンコメントしてください:

XferCommand = /usr/bin/wget -c -q --show-progress --passive-ftp -O %o %u

/etc/pacman.confwget パラメータを記述する代わりに、wget の設定ファイルを直接修正することも可能です (システム全体のファイルは /etc/wgetrc、ユーザー別のファイルは $HOME/.wgetrc)。

aria2

aria2 はレジューム機能と分割 HTTP/HTTPS/FTP ダウンロードをサポートしている軽量なダウンロードユーティリティです。aria2 を使えば同時に複数の HTTP/HTTPS/FTP 接続を Arch ミラーにすることができ、ファイル・パッケージの取得の際のダウンロード速度が上昇します。

ノート: Pacman の XferCommand で aria2c を使っても複数パッケージの同時ダウンロードは行われません。Pacman はひとつのパッケージごとに XferCommand を呼び出し、それが完了してから次を呼び出すからです。同時に複数のパッケージをダウンロードするには、上の powerpill のセクションを見て下さい。

aria2 をインストールして /etc/pacman.conf を編集し、以下の行を [options] セクションに追加してください:

XferCommand = /usr/bin/aria2c --allow-overwrite=true --continue=true --file-allocation=none --log-level=error --max-tries=2 --max-connection-per-server=2 --max-file-not-found=5 --min-split-size=5M --no-conf --remote-time=true --summary-interval=60 --timeout=5 --dir=/ --out %o %u
ヒント: 設定を簡単にして他の設定オプションを追加する aria2 を pacman で使用する別の設定 も存在します。

aria2c で使用できるオプションについては man aria2cOPTIONS を見てください。

  • -d, --dir: pacman によって指定されるダウンロードしたファイルを保存するディレクトリ。
  • -o, --out: ダウンロードしたファイルの出力ファイル名。
  • %o: pacman によって指定されるローカルのファイル名を表す変数。
  • %u: pacman によって指定されるダウンロード URL を表す変数。

他のアプリケーション

Pacman で利用できるダウンロードアプリケーションは他にもあります:

  • snarf: XferCommand = /usr/bin/snarf -N %u
  • lftp: XferCommand = /usr/bin/lftp -c pget %u
  • axel: XferCommand = /usr/bin/axel -n 2 -v -a -o %o %u