Powertop

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

PowerTOP はユーザースペースやカーネル、ハードウェアに存在する様々な省電力モードを有効にするツールで、Intel によって提供されています。プロセスを監視して、どのプロセスが CPU を利用しているのか表示したりアイドル状態から起き上がらせることができます。

インストール

公式リポジトリから powertop パッケージをインストールしてください。

PowerTOP の機能は PowerTOP ブログに載っている各バージョンのリリースノートで詳しく説明されています。

Tips and tricks

PowerTOP は消費電力を削減する方法を提案します。しかしながら、コンソールでは、PowerTOP はパラメータを表示しません。どれが提案されているのか確認するには、以下の手順を踏んで下さい:

  1. (PowerTOP などで) パラメータを変更している場合、再起動してシステムのパラメータの状態をデフォルトに戻して下さい。
  2. PowerTOP を使用してパラメータのレポートを作成: # powertop --html=powerreport.html
  3. このレポートを好きなウェブブラウザで開きます。レポートの "Tuning" タブに、ツールによって提案されている電力を減らすパラメータが表示されます。awk -F '</?td ?>' '/tune/ { print $4 }' powerreport.html でコマンドを展開することができます。
  4. それらの設定を適用する方法は2つあります:
    • 推奨: カーネルモジュールのパラメータや udev ルールsysctl を使って起動時に設定を適用させることができます。詳しくは、省電力設定のページを見て下さい。
    • PowerTOP の --auto-tune 機能を使用することで全てのオプションを GOOD な設定にすることができます。systemd と組み合わせることで起動時に設定するようにすることが可能です。ただし、初めに --calibrate を付けて PowerTOP をしばらく実行して、システム全体のメトリクスを収集させてください。
/etc/systemd/system/powertop.service
[Unit]
Description=Powertop tunings

[Service]
Type=oneshot
ExecStart=/usr/bin/powertop --auto-tune

[Install]
WantedBy=multi-user.target

トラブルシューティング

Error: Cannot load from file

powertop の実行時に以下のようなエラーが表示される場合、おそらく powertop がまだ十分な測定データを集められない状態です。バッテリーの使用時に、一定時間 --calibrate を付けて powertop を実行し続ける必要があります。

Loaded 39 prior measurements
Cannot load from file /var/cache/powertop/saved_parameters.powertop
Cannot load from file /var/cache/powertop/saved_parameters.powertop

測定を正確にするためのキャリブレーション

測定が不正確な場合、最初に powertop をキャリブレーションする必要があります。キャリブレーションは --calibrate パラメータをつけて powertop を実行することで行えます。

ノート:
  • キャリブレーションはバックライトや wifi などの様々な機能のオンオフを切り替えます。そのため、画面がしばらく暗くなったり、接続が切れたりします。キャリブレーション中はマシンに触れないで下さい。
# powertop --calibrate

参照