SSH からインストール

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

最初に

この記事は、SSHによるリモート接続を経由し、Archをインストールする方法を、ユーザに示しています。通常、次のようなシナリオの場合、SSH を使うことを検討する価値があります。

Arch をセットアップする PC が...

  • モニタ(画面)表示せずに操作する PC である場合。
  • 別の場所、街、国(友達の家、親の家など)に位置する PC。
  • リモートでセットアップするほうが好ましい PC。例えば、Arch Wiki のコピー/ペーストが想定される時など。
ノート: 最初の2つの手順は、PC に物理的にアクセスする必要があります。物理的に離れている場合、他人の助けをかりる必要があります!

メディアからの起動

live CD/USB イメージから Live Arch 環境を起動する。

SSH による Live 環境のセットアップ

ノート: 次のコマンドは、root ユーザーとして実行する必要があります。 コマンドの前の # がそれを意味しています。

この段階で root としてログインしてください (LiveCD を動かす上のデフォルトユーザーです)。

まずは、ターゲットマシン (リモート接続して Arch のセットアップを行う PC) 上で、ネットワーク設定を行います。

有線では、dhclientdhcpcd を動作させて接続できます。詳しくはネットワーク設定を参照。

無線では、アクセスポイントに接続するためにワイヤレス設定Wpa_supplicant の情報を見て下さい。

既知のインターフェースのリストが表示されます。使用するインターフェースのタイプを入力します。(有線イーサネットのインターフェースの eth0)

次に、openssh デーモンを動かします:

# systemctl start sshd

最後に、ssh 接続に必要な root パスワードを設定します。デフォルトの Arch の root パスワードは空です。

passwd

ターゲットマシンへの SSH 接続

次のコマンドを使って、ターゲットマシンに接続します。

$ ssh root@ターゲットのIPアドレス

Live 環境のウェルカムメッセージを受け取れましたか?ここからは、物理的に離れた位置からキーボードを操作して、ターゲットマシンを管理出来るようになります。

ssh root@10.1.10.105
root@10.1.10.105's password: 
Last login: Thu Dec 23 08:33:02 2010 from 10.1.10.200
[root@archiso ~]#

ノート

  • ターゲットマシンがファイアウォール/ルータ越しにある場合は、デフォルトの SSH ポートである 22 を、ターゲットマシンのローカルエリア上の IP アドレスに転送する必要があります。ポートフォワーディングを使用する方法については、このガイドでは説明していません。
  • Live 環境下で、標準ポート番号以外を使うようなデーモンを実行したい場合は、一旦、/etc/ssh/sshd_config を非標準ポートに設定してください。
  • /etc/ssh/sshd_config を編集することでデーモンが起動するより早くライブ環境を設定することができます、例えば非標準ポートを起動したいときに。

次のステップ

ここからは自由にやりたいことをしてください。ライブメディアから Arch をインストールしたいのなら、インストールガイドのガイドを見て下さい。既存の壊れた Linux のインストールをやりなおすには、既存の Linux からインストール を参照してください。

GRUBGPT ハードドライブを使いたい場合

  • Arch をインストールする前に pacman -S gdisk でインストールした gdisk ユーティリティを使って HDD/SSD を手動でパーティションします。インストール作業中にブートローダーをインストールするオプションが提示されたときは、no と回答してスキップし、Live 環境の root プロンプトに戻ります。
  • この段階での GRUB2 のインストールは取るにたらないことです。新しい Arch 環境に chroot して(インストール後はデフォルトでマウント済み) GRUB2 をインストール・セットアップします:
cd /mnt
rm console ; mknod -m 600 console c 5 1
rm null ; mknod -m 666 null c 1 3
rm zero ; mknod -m 666 zero c 1 5
mount -t proc proc /mnt/proc
mount -t sysfs sys /mnt/sys
mount -o bind /dev /mnt/dev
chroot /mnt /bin/bash

新しい Arch に chroot:

pacman -S grub2
grep -v rootfs /proc/mounts > /etc/mtab

必要に応じて /etc/default/grub を編集します。 GRUB をインストールして grub.cfg を生成:

grub-install /dev/sdX --no-floppy
grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
ノート: The above assumes that if the user intends to boot from a GPT disk, the user has fully read and understood the aforementioned wiki articles and has made a 1M partition ef02 for grub2.

再起動する準備ができたら、chroot を解除して再起動する前にパーティションをアンマウントします。

exit
umount /mnt/boot   # if mounted this or any other separate partitions
umount /mnt/{proc,sys,dev}
umount /mnt