Smart Common Input Method platform

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索
ノート: SCIM はもはやメンテナンスされていません。現在もメンテナンスが行われている IBus および UIM の利用を検討してみてください。

このページではSCIMを用いた日本語入力について述べます。 SCIMの特徴や目的に関する記述はWikipediaのSCIMの項に任せます。

インストール

日本語入力には、

  • 日本語フォント(フォントを参照)
  • 入力メゾッド(SCIM)
  • IMエンジン(このページではAnthyついて記載する)

が必要です。

SCIM

# pacman -S scim

使用環境によってはscim-bridgeが必要かもしれません。

# pacman -S scim-bridge

Anthy

Anthyを使用する場合。

# pacman -S scim-anthy

設定

環境変数

以下の設定を~/.bashrc、~.xprofile、/etc/profileのいずれかに記述します。

export XMODIFIERS=@im=SCIM
export GTK_IM_MODULE="scim"
export QT_IM_MODULE="scim"

または、

export XMODIFIERS=@im=SCIM
export GTK_IM_MODULE="scim-bridge"
export QT_IM_MODULE="scim-bridge"

一部のアプリケーション上で日本語入力ができない場合には後者の設定で解決することがあります。

起動

コンピュータを再起動し、SCIMを起動します。

$ scim -d

「-d」はデーモンとして起動するためのオプションです。

セットアップ

デスクトップ環境のメニューから「SCIM Input Method Setup」を起動するか、

$ scim-setup

によりSCIM及びIMエンジンの設定ができます。