TLP

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

プロジェクトページ より:

TLP を使うことで技術的な内容を理解する必要なく Linux の高度な電源管理を享受することができます。TLP には電池寿命を最適化する設定が初めから付いており、インストールだけすればあとはもう忘れてかまいません。さらに TLP はあなたの要件を満たすように細かくカスタマイズすることも可能です。

インストール

公式リポジトリから tlpインストールしてください。任意の依存パッケージをインストールすれば省電力機能がさらに追加されます。

TLP のインストールを完了するために、systemd サービスの tlp.servicetlp-sleep.service有効化してください。また、TLP の無線デバイスの切り替えオプションが適切に動作するように systemd サービスの systemd-rfkill.service とソケット systemd-rfkill.socketマスクしてください。

ノート: tlp.serviceNetworkManager.service が存在する場合、サービスを起動します: FS#43733。別のネットワークマネージャを使用している場合、tlp.service編集して Wants= を削除するか、NetworkManager のサービスをマスクしてください。

ThinkPad

充電の閾値の設定や再測定など、高度なバッテリー機能を使いたい場合、以下のパッケージをインストールしてください:

  • tp_smapi – バッテリーの充電の閾値や、キャリブレーション、tlp-stat で特定のステータスを出力するのに必要です。
  • acpi_call – Sandy Bridge 以降の新しいモデル (X220/T420, X230/T430 など) で必要です。

詳しくは TLP FAQ の "Which kernel module?" を見てください。

起動

TLP はインストールしたらシステムの起動時に自動的に有効になります。すぐに起動して設定を適用するには、次のコマンドを実行:

# tlp start

設定

設定ファイルは /etc/default/tlp にあり、デフォルトで、ほぼ全ての分野を最適化して消費電力を抑えます。オプションの説明の完全なリスト: TLP configuration。このページでは特に効果のある設定を載せています。

Btrfs

Btrfs でフォーマットされているパーティションのファイルシステムが破壊されないように、以下を設定してください:

SATA_LINKPWR_ON_BAT=max_performance

次のリンクも参照: Github bug report, Reddit follow-up discussion

CPU 周波数スケーリングガバナー

TLP は CPU 周波数スケーリングガバナーを制御できます。ガバナーは ondemand に変更するのが一般的に推奨されています:

CPU_SCALING_GOVERNOR_ON_AC=perfomance
CPU_SCALING_GOVERNOR_ON_BAT=ondemand

ハードディスク

ほとんどのディスクには省電力機能が存在し、設定を変更することが可能です: 無効化するには 255、最大限節電するには 128、ディスクのスピンダウンとその他の省電力機能を有効にするには 128 未満に設定します。スピンダウンの値を設定する前に、慎重に考えてから使って下さい: スピンダウンにはディスクのウェイクアップが必要で、ディスクの寿命が悪化します。

DISK_APM_LEVEL_ON_AC="254 254"
DISK_APM_LEVEL_ON_BAT="128 128"

光学ドライブ

光学ドライブのパワーダウンは電力を多少節約することができます (トレイを開け閉めするとまた通電します)。

BAY_POWEROFF_ON_BAT=1

詳しくは次のリンクを参照してください: Github バグレポート, Reddit follow-up discussion

Bumblebee と NVIDIA ドライバー

Bumblebee で NVIDIA ドライバーを使用している場合、Bumblebee で GPU の電源供給を制御できるようにするため TLP で GPU の電源管理を無効化する必要があります。

lspci を実行して GPU のアドレスを確認してから (例: 01:00.0)、以下のように値を設定してください:

RUNTIME_PM_BLACKLIST="01:00.0"

無線デバイスウィザード

TLP Radio Device Wizard は Bluetooth, WiFi, WWAN デバイスの電源状態を管理します。依存パッケージとして NetworkManagertlp-rdw公式リポジトリからインストールして、NetworkManager-dispatcher サービスを起動する必要があります。RDW に関連するオプションは /etc/default/tlp の一番下にあり、デフォルトではコメントアウトされています。

起動時に無線デバイスの状態をリストアするには:

RESTORE_DEVICE_STATE_ON_STARTUP=1

起動時に特定のデバイスを有効化・無効化するには、以下のオプションを使用します:

DEVICES_TO_DISABLE_ON_STARTUP="wifi"
DEVICES_TO_ENABLE_ON_STARTUP=""

上記の3つのオプションのどれかを使うときは、衝突がおこらないように systemd サービスの systemd-rfkill をマスクしてください:

# ln -s /dev/null /etc/systemd/system/systemd-rfkill@.service

コマンドラインツール

tlp という名前のコマンドラインツールが存在し、主としてデバッグ用に使います。

ロードされている設定とデバイスの現在の電源状態のレポートを生成するには、次を実行:

# tlp stat

このツールを使ってサポートされているノートパソコンのバッテリーの充電と放電を制御することもできます。放電するには:

# tlp discharge

コマンドの完全なリストを見るには man tlp を実行してください。

除外されている機能

参照