Thunderbird

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

Mozilla Thunderbird は肥大化を避けつつ、多機能でシンプルなメール、ニュースグループとニュースフィードのクライアントです。POP, IMAP, SMTP, S/MIME と (Enigmail 拡張による) OpenPGP による暗号化をサポートしています。Firefox と同じく、機能を追加するための様々な拡張とアドオンが揃っています。

インストール

公式リポジトリから thunderbirdインストールしてください。必要であれば 言語パック もインストールしてください。

他のバージョン:

  • Thunderbird Beta — 比較的安定していながら最新の機能を搭載。
https://www.mozilla.org/thunderbird/channel/ || thunderbird-beta-binAUR
  • Thunderbird Earlybird — 開発途上の最新機能を搭載 (アルファバージョンあるいは Firefox Aurora リリースと同等)。
https://www.mozilla.org/thunderbird/channel/ || thunderbird-earlybirdAUR
  • Thunderbird Nightly — ナイトリーリリースの最新版 (破壊を求める人向け)。
https://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/thunderbird/nightly/latest-comm-central/ || thunderbird-nightlyAUR

バージョンに関する詳細は Mozilla wiki で確認できます。

拡張機能

  • Enigmail — OpenPGP 標準に基づくメールの署名・暗号化を使うための拡張。
https://www.enigmail.net || thunderbird-enigmailAUR, thunderbird-enigmail-binAUR
  • TorBirdyTor 匿名ネットワークを介して Thunderbird で接続するための拡張。
TorBirdy AMO ||
  • FireTray — Thunderbird にカスタマイズ可能なシステムトレイを追加。
FireTray AMO ||
  • Lightning — CalDAV のサポートなど Sunbird の機能を Thunderbird に追加するカレンダー拡張。
Lightning AMO || thunderbird-lightning-binAUR
  • SOGo Connector — CardDAV で連絡先を同期。
https://sogo.nu/download.html#/frontends || thunderbird-sogo-connector-binAUR
  • Cardbook — CARDDav と VCARD 標準に基づく Thunderbird の新しいアドレス帳。
Cardbook AMO ||

Tips and tricks

設定エディタ

Thunderbird の細かい設定は Edit > Preferences > Advanced > General > Config Editor から行うことができます。

デフォルトブラウザの設定

ノート: バージョン24から network.protocol-handler.app.* は効力を持たなくなり、デフォルトブラウザを設定するのに使うことはできなくなりました。

最近のバージョンの Thunderbird はシステムの MIME 設定によって定義されたデフォルトブラウザを使用します。デフォルトブラウザは Gnome Control Center (Gnome Control Center > Details > Default Applications > Web) (gnome-control-center パッケージに入っています) から修正することができます。

Thunderbird の Edit > Preferences > Advanced > General > Config Editor から network.protocol-handler.warn-external を検索してデフォルトブラウザを上書きすることが可能です。

以下の3つの設定が全て false (デフォルト) に設定されている場合、true に変更すると、Thunderbird はリンクをクリックしたときに使用するアプリケーションを尋ねるようになります ("Remember my choice for .. links" にチェックを入れて下さい)。

network.protocol-handler.warn-external.ftp
network.protocol-handler.warn-external.http
network.protocol-handler.warn-external.https

プレーンテキストモードとフォントの統一

プレーンテキストモードは全てのメールを HTML レンダリングせずに表示します。View > Message Body As から変更することができます。デフォルトフォントは Monospace ですがフォントサイズはシステムの fontconfig 設定が継承されます。次の例では10ピクセルの Ubuntu Mono (ttf-ubuntu-font-family) で上書きします。

システムのフォントキャッシュを更新するために fc-cache -fv の実行を忘れないでください。詳しくはフォント設定を見てください。

~/.config/fontconfig/fonts.conf
<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
  <match target="pattern">
    <test qual="any" name="family"><string>monospace</string></test>
    <edit name="family" mode="assign" binding="same"><string>Ubuntu Mono</string></edit>
    <!-- For Thunderbird, lowering default font size to 10 for uniformity -->
    <edit name="pixelsize" mode="assign"><int>10</int></edit>
  </match>
</fontconfig>

ウェブメールと Thunderbird

上流 Wiki を見てください: Using webmail with your email client

他の環境にプロファイルを移行

ヒント: ImportExportTools アドオンを使ってプロファイルフォルダをエクスポート・インポートすることもできます。

インポート・エクスポートを行う前に ~/.thunderbird プロファイルのバックアップを作成してください:

$ cp -R ~/.thunderbird /to/backup/folder/

現在の Thunderbird プロファイルを他の PC にコピーすることで移行することができます:

1. 移行先の PC に Thunderbird をインストール。

2. Thunderbird を起動して何もせずに終了。

3. バックアップを移行先のプロファイルフォルダ ~/.thunderbird/<newrandomnumber>.default/ にコピー:

$ cp -R /to/backup/folder/.thunderbird/<oldrandomnumber>.default/* ~/.thunderbird/<newrandomnumber>.default/

エクスポート + インポート

インポートやエクスポートを始める前に、~/.thunderbird プロファイルをバックアップしてください:

$ cp -R ~/.thunderbird /to/backup/folder/

アカウントが壊れてしまっている場合や別の環境に Thunderbird をインストールしたい場合、Import and Export アドオン (例: ImportExportTools AddOn) をインストールして全てのデータをエクスポートして新しい環境にデータをインポートするのが良いでしょう。

デフォルトのソート順を変更

デフォルトで Thunderbird は日付の古い順でメールをソートし、スレッドにまとめません。フォルダごとにソート方法を変えることはできますが、Superuser.com の投稿 で説明されているようにデフォルト設定を変えるほうが楽です。

設定エディタで以下を設定してください:

mailnews.default_sort_order = 2 (降順)
mailnews.default_view_flags = 1 (スレッドビュー)

Maildir のサポート

デフォルトではメッセージの保存形式として mbox が使われます。Maildir を使用する方法は Mozilla wiki: Thunderbird/Maildir を見てください。基本的には設定エディタで以下の設定が必要です:

mail.serverDefaultStoreContractID = @mozilla.org/msgstore/maildirstore;1

ただしサポートされているのは "tmp" と "cur" ディレクトリだけです。"new" ディレクトリは完全に無視されます。メールの既読状態は別の ".msf" ファイルに保存されるため、Maildir を使用した場合、たとえ "cur" ディレクトリにメールがあったとしてもローカルメールは最初未読状態になります。

スペルチェック

hunspellhunspell の辞書インストールして Thunderbird を再起動してください。

ネイティブの通知

設定エディタmail.biff.use_system_alert を有効にしてください。

トラブルシューティング

LDAP Segfault

LDAP を使ってユーザー設定を取得するように設定したシステムで LDAP がクラッシュ (Bugzilla#292127) することがあります。衝突する LDAP ライブラリの名前を変更することで 解決 できます。

Error: Incoming server already exists

Thunderbird (v24) には削除したアカウントを同じアカウントデータで再インストールしようとすると "Incoming server already exists" と表示するバグが存在します。残念ながら、このエラーが表示される場合は Thunerbird を再インストールするしかありません:

1. プロファイルのバックアップを作成:

$ cp -R ~/.thunderbird /to/backup/folder/

2. 全てのアカウントとカレンダー、フィードをアドオンでエクスポート。

3. Thunderbird をアンインストール:

# pacman -R thunderbird

4. Thunderbird フォルダ rm -R ~/.thunderbird/ を削除して全てのデータを消去。

5. Thunderbird を再度インストール:

# pacman -S thunderbird

6. メールアカウント、フィード、カレンダーを作成。

7. ImportExportTools アドオンをインストール。

8. 全てのデータをインポート。