Thunderbird

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

Mozilla Thunderbird は肥大化を避けつつ、多機能でシンプルなメール、ニュースグループとニュースフィードのクライアントです。POP, IMAP, SMTP, S/MIME と (Enigmail 拡張による) OpenPGP による暗号化をサポートしています。Firefox と同じく、機能を追加するための様々な拡張とアドオンが揃っています。

インストール

公式リポジトリから thunderbirdインストールしてください。

他にも以下のパッケージが AUR にあります:

英語以外の言語を使うための、多数の言語パックが利用可能です。利用可能な言語パックのリストを確認するには:

$ pacman -Ss thunderbird-i18n

拡張機能

EnigMail - 暗号化

EnigMail は OpenPGP を用いて、メールの文章と受信を暗号化/署名する拡張機能です。GNU Privacy Guard (GnuPG) を利用しています。

addons.mozilla.org (Add-ons Manager などを使う) もしくは AUR からインストールできます。どちらも2つのパッケージをインストールします: thunderbird-enigmailAURthunderbird-enigmail-binAUR

公開鍵の共有

公開鍵を配布する方法は様々です。ひとつはネットワーク上の公開キーサーバに公開鍵をアップロードする方法があります。暗号化を使っている友達とキーを共有してもよいでしょう。

メールの暗号化

まず初めに、HTML を含むメールでは暗号化は適切に動かないことがあります。新規メールウィンドウから Options > Delivery Format > Plain Text Only を選んで暗号化メールは全てプレーンテキストにしてください。

メールを書き終えたら OpenPGP メニューから署名することができます。

メールの復号化

メールが適切に暗号化されていれば、メールを開いたときにポップアップウィンドウが開き、パスフレーズの入力を求めるはずです。

メール内の掲示情報と OpenPGP ヘッダの削除

デフォルトで、Enigmail は送信するメール内のヘッダや OpenPGP コメントフィールドに不必要な情報を付与します。これらの情報には Enigmail が使用されているという事と、そのバージョンが含まれます。どちらも設定エディタ (Edit -> Preferences -> Advanced -> General -> Config Editor) を使って無効にできます。

メールヘッダー (X-Enigmail-version) を削除するには、extensions.enigmail.addHeadersfalse にしてください。

OpenPGP コメントを無効にするには、extensions.enigmail.useDefaultCommenttrue にしてください。

送信者が Thunderbird を使用している事を知らせたくない場合、メールヘッダの user-agent を無効にするために general.useragent.enable_overrides を有効にし、general.useragent.override を空白で上書きしてください。

Lightning - カレンダー

LightningSunbird の機能を Thunderbird へ移植したものです。Lightning を使用するには addons.mozilla.orgAURthunderbird-lightning-binAUR パッケージからインストールします。

FireTray - トレイアイコン

FireTray は Thunderbird にカスタマイズ可能なシステムトレイを追加する拡張機能です。addons.mozilla.orgAURthunderbird-firetrayAUR パッケージからインストールします。

Tips and tricks

デフォルトブラウザの設定

ノート: バージョン24から network.protocol-handler.app.* は効力を持たなくなり、デフォルトブラウザを設定するのに使うことはできなくなりました。

最近のバージョンの Thunderbird はシステムの MIME 設定によって定義されたデフォルトブラウザを使用します。デフォルトブラウザは Gnome Control Center (Gnome Control Center > Details > Default Applications > Web) (gnome-control-center パッケージに入っています) から修正することができます。

Thunderbird の Edit > Preferences > Advanced > General > Config Editor から network.protocol-handler.warn-external を検索してデフォルトブラウザを上書きすることが可能です。

以下の3つの設定が全て false (デフォルト) に設定されている場合、true に変更すると、Thunderbird はリンクをクリックしたときに使用するアプリケーションを尋ねるようになります ("Remember my choice for .. links" にチェックを入れて下さい)。

network.protocol-handler.warn-external.ftp
network.protocol-handler.warn-external.http
network.protocol-handler.warn-external.https

プレーンテキストモードとフォントの統一

プレーンテキストモードは全てのメールを HTML レンダリングせずに表示します。View > Message Body As から変更することができます。デフォルトフォントは Monospace ですがフォントサイズはシステムの fontconfig 設定が継承されます。次の例では10ピクセルの Ubuntu Mono (ttf-ubuntu-font-family) で上書きします。

システムのフォントキャッシュを更新するために fc-cache -fv の実行を忘れないでください。詳しくはフォント設定を見てください。

~/.config/fontconfig/fonts.conf
<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
  <match target="pattern">
    <test qual="any" name="family"><string>monospace</string></test>
    <edit name="family" mode="assign" binding="same"><string>Ubuntu Mono</string></edit>
    <!-- For Thunderbird, lowering default font size to 10 for uniformity -->
    <edit name="pixelsize" mode="assign"><int>10</int></edit>
  </match>
</fontconfig>

ウェブメールと Thunderbird

上流 Wiki を見てください: Using webmail with your email client

エクスポート + インポート

インポートやエクスポートを始める前に、~/.thunderbird プロファイルをバックアップしてください:

$ cp -R ~/.thunderbird /to/backup/folder/

アカウントが壊れてしまっている場合や別の環境に Thunderbird をインストールしたい場合、Import and Export アドオン (例: ImportExportTools AddOn) をインストールして全てのデータをエクスポートして新しい環境にデータをインポートするのが良いでしょう。

トラブルシューティング

LDAP Segfault

LDAP を使ってユーザー設定を取得するように設定したシステムで LDAP がクラッシュ (Bugzilla#292127) することがあります。衝突する LDAP ライブラリの名前を変更することで 解決 できます。

Error: Incoming server already exists

Thunderbird (v24) には削除したアカウントを同じアカウントデータで再インストールしようとすると "Incoming server already exists" と表示するバグが存在します。残念ながら、このエラーが表示される場合は Thunerbird を再インストールするしかありません:

1. プロファイルのバックアップを作成:

$ cp -R ~/.thunderbird /to/backup/folder/

2. 全てのアカウントとカレンダー、フィードをアドオンでエクスポート。

3. Thunderbird をアンインストール:

# pacman -R thunderbird

4. Thunderbird フォルダ rm -R ~/.thunderbird/ を削除して全てのデータを消去。

5. Thunderbird を再度インストール:

# pacman -S thunderbird

6. メールアカウント、フィード、カレンダーを作成。

7. ImportExportTools アドオンをインストール。

8. 全てのデータをインポート。