VLC media player

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

VLCVideoLAN チーム によって開発されているメディアプレイヤーで、ポータビリティとコンパチビリティに力を入れて作られています。歴史的に、Linux のメディアソフトウェアとして初めて libdvdcss を使ったプレイヤーであり、暗号化された DVD を再生できるプレイヤーのパイオニアです。現在ではほとんど全てのプレイヤーに DVD 再生機能があるので、VLC が格別優れているわけではありません。

インストール

公式リポジトリから vlc パッケージをインストールしてください。

以下の派生パッケージも存在します:

  • vlc-gitAUR - 開発ブランチ。
  • vlc-noxAUR - X のサポートを排除。

以下のパッケージもインストールすることを推奨します:

  • qt4 - GUI の表示。
  • libcdio- オーディオ CD の再生。

言語

VLC の 設定 メニューに言語を変えるオプションはありませんが、LANGUAGE= プレフィックスを使って言語を変えることができます。例えば /usr/share/applications/vlc.desktop の以下の行を:

Exec=/usr/bin/vlc %U

以下のように変えてください:

Exec=LANGUAGE=fr /usr/bin/vlc %U

これで VLC のインターフェースはフランス語になります。

スキン

VLC は"スキン"を使って見た目を変えることができます。VLC の新しいスキンは http://www.videolan.org/vlc/skins.php から入手できます。

スキンのインストールは単純にダウンロードしたスキンを次のフォルダにコピーするだけです:

~/.local/share/vlc/skins2

VLC を開き、ツール->設定 をクリックしてください。設定ウィンドウが開いたら "インターフェース" タブを見て下さい。

"Use custom skin" ラジオボタンを選び、ダウンロードしたスキンを選択してください。

次に VLC を起動した時に見た目が変わります。

ウェブインタフェース

--extraintf=http パラメータを付けて VLC を実行するとデスクトップとウェブインタフェース両方が使えます。--http-host パラメータでアドレスを指定でき (デフォルトは localhost)、--http-password を使うことでパスワードを設定できます。

# vlc --extraintf=http --http-host 0.0.0.0:8080 --http-password 'yourpasswordhere'

もしくは、この機能を "表示" > "インターフェースの追加" > "ウェブ" から有効にすることもできます。

VLC のデフォルトのポートは 8080 です: http://127.0.0.1:8080

リモート接続を許可するには /usr/share/vlc/lua/http/.hosts を編集してください。変更を適用するには VLC を再起動する必要があります。

Tips and tricks

GNOME におけるファイルの関連付け

システムのデスクトップファイルをローカルにコピーしてください (ローカルの .desktop ファイルはシステムのファイルよりも優先されます):

$ cp /usr/share/applications/vlc.desktop ~/.local/share/applications/

以下を実行することで MIME タイプを定義してください:

sed -i 's|^Mimetype.*$|MimeType=video/dv;video/mpeg;video/x-mpeg;video/msvideo;video/quicktime;video/x-anim;video/x-avi;video/x-ms-asf;video/x-ms-wmv;video/x-msvideo;video/x-nsv;video/x-flc;video/x-fli;application/ogg;application/x-ogg;application/x-matroska;audio/x-mp3;audio/x-mpeg;audio/mpeg;audio/x-wav;audio/x-mpegurl;audio/x-scpls;audio/x-m4a;audio/x-ms-asf;audio/x-ms-asx;audio/x-ms-wax;application/vnd.rn-realmedia;audio/x-real-audio;audio/x-pn-realaudio;application/x-flac;audio/x-flac;application/x-shockwave-flash;misc/ultravox;audio/vnd.rn-realaudio;audio/x-pn-aiff;audio/x-pn-au;audio/x-pn-wav;audio/x-pn-windows-acm;image/vnd.rn-realpix;video/vnd.rn-realvideo;audio/x-pn-realaudio-plugin;application/x-extension-mp4;audio/mp4;video/mp4;video/mp4v-es;x-content/video-vcd;x-content/video-svcd;x-content/video-dvd;x-content/audio-cdda;x-content/audio-player;|' ~/.local/share/applications/vlc.desktop

それから System Settings > Details > Default Applications Video ドロップダウンメニューから Open VLC media player を選択してください。

VLC で Twitch.tv のストリーミング

Livestreamer#Twitch を見て下さい。

ローカルの DLNA サーバーからストリーミングコンテンツを再生

(表示 > プレイリスト > ローカルネットワーク > ユニバーサルプラグ&プレイから) uPNP/DLNA コンテンツを再生しようとしたときに、ローカルネットワーク上の DLNA サーバーが確認できない場合、ファイアウォールが UDP ポート 1900 をブロックしていないか確認してください。ローカルの uPNP/DLNA コンテンツを再生するにはポートを開く必要があります。

ホットキーや CLI を使って操作する

openbsd-netcat をインストールしてください。

次のスクリプトを手に入れます: http://crunchbang.org/forums/viewtopic.php?pid=112035%23p112035#p112035

スクリプトの手順に従って vlc のソケットを設定してください。コマンドラインからスクリプトを起動するかデスクトップのキーボードショートカットにスクリプトを登録すれば完了です。

もしくは、こちら に書かれているように dbus-send を使って VLC を操作することもできます:

$ dbus-send --print-reply --session --dest=org.mpris.MediaPlayer2.vlc /org/mpris/MediaPlayer2 org.mpris.MediaPlayer2.Player.PlayPause

複数インスタンスの禁止

VLC のデフォルトの設定ではファイルが開かれるたびに新しいインスタンスが作られます。あなたの持っている音楽を連続して VLC を使って再生するときなどに困ることがあるかもしれません。

VLC を開いて、ツール->設定 (Ctrl+P) からインターフェイスタブを開いて、プレイリストとインスタンスの中にある「ひとつだけ実行を許可」にチェックを入れてください。「単一インスタンスモード時、項目をプレイリストのキューに追加」をチェックすると、再生しているファイルはそのままに、新しく開かれたファイルをプレイリストに追加するようになります。

ハードウェアアクセラレーションのサポート

ハードウェアビデオアクセラレーションを見てください。

VLC は自動的に使用可能な API を認識しますが、ツール > 設定 > 入力/コーデックハードウェアアクセラレーションによるデコードでオプションを選択することで上書きできます。例えば VA-API を使うには Video Acceleration (VA) API を、VDPAU を使うには Video Decode and Presentation API for Unix (VDPAU) を選んでください。

systemd サービス

VLC のウェブインターフェイスは systemd から起動できます。まず、デフォルトユーザーを作成してください。以下の例では UID 75 を使用しています:

# useradd -c "VLC daemon" -d / -G audio -M -p \! -r -s /bin/false -u 75 -U vlcd

それから systemd のサービスファイルを作成:

/etc/systemd/system/vlc.service
[Unit]
Description=VideoOnLAN Service
After=network.target

[Service]
Type=forking
User=vlcd
ExecStart=/usr/bin/vlc --daemon --syslog -I http --http-port 8090 --http-password password 
Restart=on-abort

[Install]
WantedBy=multi-user.target

vlc.service起動有効化してください。サービスファイルに入力したパスワードを使って http://yourmachine:8090/ にログインしてください。ユーザー名は不要です。

トラブルシューティング

PulseAudio ラグ

オーディオ出力モジュールとして PulseAudio を使っている場合、音楽とビデオが同期しない問題に出会うかもしれません。この問題は /etc/pulse/default.pa ~/.pulse/default.pa を編集することで解決できます。

.ifexists module-udev-detect.so
load-module module-udev-detect tsched=0
.else

アップグレード後にビデオに問題が出る

マイナーリリースでも VLC の設定に問題が起こることがあります。バグ報告をする前に、~/.config/vlc 内の設定を削除するかリネームして問題が解決しないか確認してください。

セグメンテーション違反

VLC の起動時にセグフォルトする場合、マイクロコードなどが原因でないならば、以下を実行することで解決することがあります:

# /usr/lib/vlc/vlc-cache-gen -f usr/lib/vlc/plugins

実行後、VLC を再インストールしてください。

また、LD_PRELOAD 環境変数の中で再インストールすることで解決することもあります:

# LD_PRELOAD=/usr/lib/libgobject-2.0.so.0 pacman -S vlc

ドロップダウンメニューにアイコンが表示されない

ドロップダウンメニューの PCI カードアイコンなどが表示されない問題は Xfce で起こることがあります。

以下のコマンドを実行してアイコンを初期化してください:

$ gconftool-2 --type boolean --set /desktop/gnome/interface/buttons_have_icons true
$ gconftool-2 --type boolean --set /desktop/gnome/interface/menus_have_icons true

Failed to open VDPAU backend

ハードウェアビデオアクセラレーション#Failed to open VDPAU backend を見てください。

VDPAU がサポートされていない場合、VA-API を使うように VLC を設定してください。詳しくはハードウェアアクセラレーションのサポートを参照。

ビデオ出力がデスクトップに重なる、サイズや位置が上手く変わらない

この問題は Intel のビデオカードで発生します。ビデオ設定で出力を OpenGL GLX (XCB) にして Input/CodecsVA-API に設定することで解決するという報告があります。

SFTP で空白をファイル名に含むメディアファイルを再生できない

VLC が SFTP で動画や音声ファイルを再生できないときは、まず sshfs がインストールされていることを確認してください。

SFTP で空白を含んでいるメディアファイルの再生ができない場合、vlc.desktop ファイルの以下の行を:

Exec=/usr/bin/vlc --started-from-file %U

以下のように変更して下さい:

Exec=/usr/bin/vlc --started-from-file %F

ソース: [1]

参照