xmonad

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

xmonad は、Xのタイル型ウィンドウマネージャです。画面を分割し、重なり合わないようにウィンドウを配置することで、画面を最大限に活用することができます。ウィンドウマネージャの機能はキーボードから利用することができます (マウスはオプションです)。

xmonadは Haskell で実装されており、設定や拡張も Haskell で書かれています。レイアウトやキーバインド、その他の設定はユーザーが設定ファイルに書き込むことで変更できます。

レイアウトは動的に適用され、各ワークスペース上で異なるレイアウトを使用することができます。Xinerama が完全にサポートされ、ウィンドウを複数のモニタで並べて表示することができます。

詳細は、xmonad のウェブサイトをご覧ください: http://xmonad.org/

インストール

xmonadxmonad-contrib (サードパーティ製のタイリングアルゴリズムや設定スクリプトなどが入っています) は公式リポジトリから利用可能です。

また、開発版の xmonad-gitAURxmonad-contrib-gitAUR をインストールすることもできます。

ノート: ArchHaskell リポジトリを使うことを選んだ場合は、xmonad の代わりに haskell-xmonad パッケージをインストールする必要があります (公式の community リポジトリにあるパッケージは依存パッケージが異なっています)。

Xmonad の起動

Xmonad を自動起動するには、起動スクリプトに xmonad コマンドを追加します (例えば、startx を使う場合 ~/.xinitrcXDM ログインマネージャを使う場合 ~/.xsession)。GDMKDM を使う場合は、新しいセッションファイルを作成し、セッションメニューから xmonad を選択します。

ノート: デフォルトではマウスカーソルは x です。left_ptr に設定するには起動スクリプト (例: ~/.xinitrc) に以下を追加します: xsetroot -cursor_name left_ptr

また、標準では US キーボードレイアウトなので、必要に応じて変更します。例えば日本語キーボードレイアウトは ~/.xinitrc に以下を追加します。キーボードレイアウトの設定についてはここを参照してください。:

$ setxkbmap -layout jp

~/.xinitrc:

# set the cursor
xsetroot -cursor_name left_ptr
# set Japanese keyboard layout
setxkbmap -layout jp
# start xmonad
exec xmonad

もし、起動しない場合はホームディレクトリに .xmonad ディレクトリがあるか確認してください。もしない場合は作成します。

$ mkdir ~/.xmonad

詳細については、xinitrc を参照してください。

設定

Xmonad ユーザーは ~/.xmonad/xmonad.hs を修正することで Xmonad をカスタマイズすることができます。再コンパイルは Mod+q ショートカットでその場で自動的にされます。

ディレクトリ ~/.xmonad がない場合は xmonad --recompile を実行してディレクトリを作成します。

Xmonad のデフォルトの設定は非常に優秀で、xmonad.hs がなくても実行することができます。そのため、xmonad --recompile を実行したあとでも ~/.xmonad/xmonad.hs は多分無いでしょう。あなたがそれをカスタマイズしたいのならば、ファイルを作成しそれを編集していきましょう。

Xmonad の設定ファイルは Haskell で書かれているため、プログラマーでないとなかなか設定が難しいと思われます。設定例や詳細方法は以下のページを参照して下さい:

最善の方法は組み込みの関数 defaultConfig を使用し、必要なところを ~/.xmonad/xmonad.hs で変更やカスタマイズをすることです。

次のように xmonad.hs を書くことによって設定します:

import XMonad

main = do
  xmonad $ defaultConfig
    { terminal    = "urxvt"
    , modMask     = mod4Mask
    , borderWidth = 3
    }

デフォルトの設定に端末とボーダーの設定を上書きします (その他の設定は defaultConfig 関数から継承されます)。

より複雑になるにつれ、それぞれ別の関数で設定しメイン関数内でそれらの関数を呼び出したほうが便利です。これによって、大規模なカスタマイズをするときに保守が簡易になります。

上記の簡単な xmonad.hs は次のように書くことができます:

import XMonad

main = do
  xmonad $ defaultConfig
    { terminal    = myTerminal
    , modMask     = myModMask
    , borderWidth = myBorderWidth
    }

myTerminal    = "urxvt"
myModMask     = mod4Mask -- Win key or Super_L
myBorderWidth = 3

また、Haskell では import が最初にあれば、関数や {} 内の順序は重要ではありません。

以下は この 設定ファイルの一部です。これは一般的な機能の一例です。

{
  terminal           = myTerminal,
  focusFollowsMouse  = myFocusFollowsMouse,
  borderWidth        = myBorderWidth,
  modMask            = myModMask,
  -- numlockMask deprecated in 0.9.1
  -- numlockMask        = myNumlockMask,
  workspaces         = myWorkspaces,
  normalBorderColor  = myNormalBorderColor,
  focusedBorderColor = myFocusedBorderColor,
  -- key bindings
  keys               = myKeys,
  mouseBindings      = myMouseBindings,
  -- hooks, layouts
  layoutHook         = myLayout,
  manageHook         = myManageHook,
  handleEventHook    = myEventHook,
  logHook            = myLogHook,
  startupHook        = myStartupHook
}

パッケージにも xmonad.hs が入っており、これは xmonad.hs の最新の公式サンプルです。/usr/share/ の中にアーキテクチャとバージョン別に置かれています (例: find /usr/share -name xmonad.hs)。

デスクトップ設定のベース

xmonad-contrib にはデスクトップとして使うためのデフォルト設定があります。Chromium など新しいプログラムで発生する問題を解決します。

以下のように追加してください:

import XMonad
import XMonad.Config.Desktop

baseConfig = desktopConfig

main = xmonad baseConfig
    { terminal    = "urxvt"
    , modMask     = mod4Mask
    }

Xmonad の終了

Mod+Shift+q で xmonad を終了させることができます。Mod はデフォルトでは Alt になっています。

Tips and tricks

X-Selection-Paste

Xmonad でのキーボードによる操作は X-Selection-Paste のキーボードショートカットを使うことで更に良くなります。

また、XMonad.Util.Paste に存在する "pasteSelection" 関数を以下のようにキーにバインドすることもできます:

xmonad.hs
  -- X-selection-paste buffer
  , ((0, xK_Insert), pasteSelection)

"Insert" キーを押すとアクティブウィンドウにマウスバッファが貼り付けられるようになります。

補助アプリケーション

xmonad を保管するユーティリティはいくつも存在します。以下は最もよく使われているユーティリティの一部です:

  • xmobar — 軽量な、テキストベースの、Haskell で書かれたステータスバー。
http://projects.haskell.org/xmobar/ || xmobar, xmobar-gitAUR
  • xmonad-log-applet — GNOME, MATE, Xfce パネル用のアプレット。
https://github.com/alexkay/xmonad-log-applet || xmonad-log-applet-xfce4-gitAUR, xmonad-log-applet-gnome-gitAUR

ワークスペースの数を増やす

デフォルトでは、xmonad は9つのワークスペースを使います。以下のように拡張することでワークスペースの数を14まで増やすことが可能です:

xmonad.hs
-- (i, k) <- zip (XMonad.workspaces conf) [xK_1, xK_2, xK_3, xK_4, xK_5, xK_6, xK_7, xK_8, xK_9]
(i, k) <- zip (XMonad.workspaces conf) [xK_grave, xK_1, xK_2, xK_3, xK_4, xK_5, xK_6, xK_7, xK_8, xK_9, xK_0, xK_minus, xK_equal, xK_BackSpace]

Conky やトレイアプリのための空間を作る

Wrap your layouts with avoidStruts from XMonad.Hooks.ManageDocks for automatic dock/panel/trayer spacing:

import XMonad
import XMonad.Hooks.ManageDocks

main=do
  xmonad $ defaultConfig
    { ...
    , layoutHook=avoidStruts $ layoutHook defaultConfig
    , manageHook=manageHook defaultConfig <+> manageDocks
    , ...
    }

If you ever want to toggle the gaps, this action can be added to your key bindings:

,((modMask x, xK_b     ), sendMessage ToggleStruts)

xmonad で xmobar を使う

xmobar は xmonad で使うことを想定して作られた軽量でミニマル、テキストベースのバーです。xmonad で xmobar を使うには、xmonad パッケージに加えて2つのパッケージが必要になります: 公式リポジトリxmonad-contribxmobar です。また、公式の xmobar パッケージの代わりに AURxmobar-gitAUR を使うこともできます。

Here we will start xmobar from within xmonad, which reloads xmobar whenever you reload xmonad.

~/.xmonad/xmonad.hs をお好きなエディタで開いて、以下のどちらかの設定を行なってください:

クイック設定

ノート: There is also dzen2 which you can substitute for xmobar in either case.

Common imports:

import XMonad
import XMonad.Hooks.DynamicLog

The xmobar action starts xmobar and returns a modified configuration that includes all of the options described in #More configurable.

main = xmonad =<< xmobar defaultConfig { modMask = mod4Mask {- or any other configurations here ... -}}

複雑な設定

As of xmonad(-contrib) 0.9, there is a new statusBar function in XMonad.Hooks.DynamicLog. It allows you to use your own configuration for:

  • The command used to execute the bar
  • The PP that determines what is being written to the bar
  • The key binding to toggle the gap for the bar

The following is an example of how to use it:

~/.xmonad/xmonad.hs
-- Imports.
import XMonad
import XMonad.Hooks.DynamicLog

-- The main function.
main = xmonad =<< statusBar myBar myPP toggleStrutsKey myConfig

-- Command to launch the bar.
myBar = "xmobar"

-- Custom PP, configure it as you like. It determines what is being written to the bar.
myPP = xmobarPP { ppCurrent = xmobarColor "#429942" "" . wrap "<" ">" }

-- Key binding to toggle the gap for the bar.
toggleStrutsKey XConfig {XMonad.modMask = modMask} = (modMask, xK_b)

-- Main configuration, override the defaults to your liking.
myConfig = defaultConfig { modMask = mod4Mask }

XMobar の設定を確認

The template and default xmobarrc contains this.

At last, open up ~/.xmobarrc and make sure you have StdinReader in the template and run the plugin. E.g.

~/.xmobarrc
Config { ...
       , commands = [ Run StdinReader .... ]
         ...
       , template = " %StdinReader% ... "
       }

Now, all you should have to do is either to start, or restart, xmonad.

外部スクリプトで xmonad を制御

複数の方法が存在します:

xdotool key Super+n
  • wmctrl -If you have desktopConfig or EwmhDesktops configured, this is a very easy to use and standard utility.

xmonad の中で他のウィンドウマネージャを起動

If you are using xmonad-gitAUR, as of January of 2011, you can restart to another window manager from within xmonad. You just need to write a small script, and add stuff to your ~/.xmonad/xmonad.hs. Here is the script.

~/bin/obtoxmd
#!/bin/sh
openbox
xmonad

And here are the modifications you need to add to your ~/.xmonad/xmonad.hs:

~/.xmonad/xmonad.hs
import XMonad
--You need to add this import
import XMonad.Util.Replace

main do
    -- And this "replace"
    replace
    xmonad $ defaultConfig
    {
    --Add the usual here
    }

You also need to add the following key binding:

~/xmonad/xmonad.hs
--Add a keybinding as follows:
((modm .|. shiftMask, xK_o     ), restart "/home/abijr/bin/obtoxmd" True)

Just remember to add a comma before or after and change the path to your actual script path. Now just Mod+q (restart xmonad to refresh the config), and then hit Mod+Shift+o and you should have Openbox running with the same windows open as in xmonad. To return to xmonad you should just exit Openbox. Here is a link to adamvo's ~/.xmonad/xmonad.hs which uses this setup Adamvo's xmonad.hs

KDE と xmonad

xmonad の wiki には KDE で xmonad を実行 する方法が書かれています。

It also might be a good idea to set a global keyboard shortcut in KDE to start xmonad in case it is accidentally killed or closed.

Skype 用の IM レイアウト

新しいバージョンの Skype 用に IM レイアウトを作成するには、以下のコードを使用:

xmonad.hs
myIMLayout = withIM (1%7) skype Grid
    where
      skype = And (ClassName "Skype") (Role "")

設定例

以下は xmonad ユーザーの設定例です。あなたの設定も自由に追加してください。

  • brisbin33 :: simple, useful, readable :: config screenshot
  • jelly :: Configuration with prompt, different layouts, twinview with xmobar :: xmonad.hs
  • MrElendig :: Simple configuration, with xmobar :: xmonad.hs, .xmobarrc, screenshot.
  • thayer :: A minimal mouse-friendly config ideal for netbooks :: configs screenshot
  • vicfryzel :: Beautiful and usable xmonad configuration, along with xmobar configuration, xinitrc, dmenu, and other scripts that make xmonad more usable. :: git repository, screenshot.
  • vogt :: Check out adamvo's config and many others in the official Xmonad/Config archive
  • wulax :: Example of using xmonad inside Xfce. Contains two layouts for GIMP. :: xmonad.hs, screenshot.

トラブルシューティング

GNOME 3 と xmonad

GNOME 3 から、GNOME で xmonad を使うには設定を追加する必要があります。

AUR から xmonad-gnome3AUR をインストールするか、手動で設定してください:

gnome-session で使用するための xmonad のセッションファイルを追加 (/usr/share/gnome-session/sessions/xmonad.session):

[GNOME Session]
Name=Xmonad session
RequiredComponents=gnome-panel;gnome-settings-daemon;
RequiredProviders=windowmanager;notifications;
DefaultProvider-windowmanager=xmonad
DefaultProvider-notifications=notification-daemon

GDM のデスクトップファイルを作成 (/usr/share/xsessions/xmonad-gnome-session.desktop):

[Desktop Entry]
Name=Xmonad GNOME
Comment=Tiling window manager
TryExec=/usr/bin/gnome-session
Exec=gnome-session --session=xmonad
Type=XSession

以下のファイルを作成・編集 (/usr/share/applications/xmonad.desktop):

[Desktop Entry]
Type=Application
Encoding=UTF-8
Name=Xmonad
Exec=xmonad
NoDisplay=true
X-GNOME-WMName=Xmonad
X-GNOME-Autostart-Phase=WindowManager
X-GNOME-Provides=windowmanager
X-GNOME-Autostart-Notify=false

最後に、xmonad-contrib をインストールして ~/.xmonad/xmonad.hs を以下のように作成・編集:

import XMonad
import XMonad.Config.Gnome

main = xmonad gnomeConfig

これで GDM のセッションリストに Xmonad が表示され、gnome-session で扱えるようになります。

GNOME と Xmonad でコンポジット

Some applications look better (e.g. GNOME Do) when composition is enabled. This is, however not, the case in the default Xmonad window manager. To enable it add an additional .desktop file /usr/share/xsessions/xmonad-gnome-session-composite.desktop:

[Desktop Entry]
Name=Xmonad GNOME (Composite)
Comment=Tiling window manager
TryExec=/usr/bin/gnome-session
Exec=/usr/sbin/gnome-xmonad-composite
Type=XSession

And create /usr/sbin/gnome-xmonad-composite and chmod +x /usr/sbin/gnome-xmonad-composite:

xcompmgr &
gnome-session --session=xmonad

Now choose "Xmonad GNOME (Composite)" in the list of sessions during login. Reference man xcompmgr for additional "eye candy".

Xfce 4 と xmonad

Use xfceConfig instead of defaultConfig after importing XMonad.Config.Xfce in ~/.xmonad/xmonad.hs, e.g. adapting the minimal config above:

import XMonad
import XMonad.Config.Xfce
main = xmonad xfceConfig
    { terminal    = "urxvt"
    , modMask     = mod4Mask
    }

Also add an entry to Settings > Session and Startup > Application Autostart that runs xmonad --replace.

Missing xmonad-i386-linux や xmonad-x86_64-linux が存在しない

Xmonad should automatically create the xmonad-i386-linux file (in ~/.xmonad/). If this it not the case, grab a configuration file from the xmonad wiki or create your own. Put the .hs and all others files in ~/.xmonad/ and run this command from the folder:

xmonad --recompile

Now you should see the file.

ノート: A reason you may get an error message saying that xmonad-x86_64-linux is missing is that xmonad-contrib is not installed.

Java アプリケーションの問題

標準の Java GUI ツールキットは、ハードコーディングされた "non-reparenting" ウィンドウマネージャのリストを持っています。 xmonad はそのリストに含まれておらず、稼働中にいくつかの問題が発生する Java アプリケーションがあります。 最も一般的な問題の一つは、Java アプリケーションが GUI をレンダリングする代わりに無地で灰色の box をレンダリングする、 "gray blobs" です。

これを解決できる方法はいくつかあります。

  • jre7-openjdkjre8-openjdk ならば、 /etc/profile.d/jre.shexport _JAVA_AWT_WM_NONREPARENTING=1 を追記してください。 そして、そのファイル /etc/profile.d/jre.sh を source するか、再ログインしてください。
  • Oracle の JRE/JDK ならば、 SetWMName. を使用してください。 しかし、その効果は XMonad.Hooks.EwmhDesktops も使用すると打ち消されてしまうかもしれません。 この場合は、
 >> setWMName "LG3D"

LogHook に追記することで解決されるでしょう。

より多くの情報を得るためには、 [1] を参照してください。

gvim やターミナルの底部の空きスペース

スペースを背景色と合わせる方法は Vim#gVim ウィンドウの底部の空きスペース を見て下さい。

rxvt-unicode の場合、rxvt-unicode-patchedAUR が使えます。

You can also configure xmonad to respect size hints, but this will leave a gap instead. See the documentation on Xmonad.Layout.LayoutHints.

Chromium/Chrome がフルスクリーンにならない

F11 を押したときに Chrome がフルスクリーンにならない場合、xmonad-contrib パッケージに含まれている XMonad.Hooks.EwmhDesktops 拡張を使ってください。~/.xmonad/xmonad.hs に以下の import 文を追加するだけです:

import XMonad.Hooks.EwmhDesktops

それから適当な場所に handleEventHook = fullscreenEventHook を追加してください。例:

...
        xmonad $ defaultConfig
            { modMask            = mod4Mask
            , handleEventHook    = fullscreenEventHook
            }
...

xmonad の再コンパイル・再起動後に、Chromium で F11 (fullscreen) が使えるようになるはずです。

マルチタッチ / touchegg

Touchégg polls the window manager for the _NET_CLIENT_LIST (in order to fetch a list of windows it should listen for mouse events on.) By default, xmonad does not supply this property. To enable this, use the XMonad.Hooks.EwmhDesktops extension found in the xmonad-contrib package.

azerty キーボードレイアウトのキーバインドの問題

azerty レイアウトのキーボードを使っている場合、特定のキーバインドに問題が発生します。XMonad.Config.Azerty モジュールを使うことで問題は解決します。

GNOME 3 の mod4+p で dmenu が起動するかわりにディスプレイの設定が変更されてしまう

gnome-control-center のディスプレイ設定を切り替える必要がない場合、ユーザーで以下を実行することで xrandr プラグインで Super+p を使用するのを止めさせることができます:

$ dconf write /org/gnome/settings-daemon/plugins/xrandr/active false

VirtualBox でフォーカスしたボーダーの問題

Virtualbox には既知の問題 (Ticket #6479) が存在し、フォーカスされたウィンドウのボーダーに問題が発生します。xcompmgr などのコンポジットマネージャをインストールして vboxvideo の挙動を上書きすることで解決できます。

Steam のゲーム (Half-Life, Left 4 Dead, …) と xmonad

Source エンジンを使っているゲーム (Half-Life など) で問題が発生することがあります。ゲームが起動しなかったり黒い画面から進まないときは、ウィンドウモードで起動してみてください: ライブラリのゲームを右クリックして、起動オプションに以下のように入力 ([2] を参照):

-windowed

Another solution is to float the window of the game using the manage hook. For example, the following line can be used for Half-Life:

 className =? "hl_linux" --> doFloat

参照