xprofile

提供: ArchWiki
移動先: 案内検索

関連記事

~/.xprofile/etc/xprofile を使うことで、ウィンドウマネージャが起動する前に、X ユーザーセッションの初めにコマンドを実行することができます。従って、ウィンドウを使うアプリケーションを起動するために使うことはできません。それについては自動起動#グラフィカルを見て下さい。

xprofile は xinitrc (~/.xinitrc/etc/X11/xinit/xinitrc.d/) と類似しています。

互換性

xprofile (と xinitrc) ファイルをネイティブで実行するのは以下のプログラムです:

  • GDM (/etc/gdm/Xsession)
  • KDM (/usr/share/config/kdm/Xsession)
  • LightDM (/etc/lightdm/Xsession)
  • LXDM (/etc/lxdm/Xsession)

xinit との互換性

xprofile は以下のプログラムと互換性を持たせることができます:

以上のプログラムは、直接的、もしくは間接的に、~/.xinitrc (通常 /etc/skel/.xinitrc からコピーします) か /etc/X11/xinit/xinitrc を(ファイルが存在しない場合でも)実行します。そのため、これらのファイルから xprofile につなげる必要があります。

~/.xinitrc and /etc/X11/xinit/xinitrc and /etc/skel/.xinitrc
#!/bin/sh

# Make sure this is before the 'exec' command or it won't be sourced.
[ -f /etc/xprofile ] && source /etc/xprofile
[ -f ~/.xprofile ] && source ~/.xprofile

...

xinitrc.d のファイルはデフォルトの xinitrc ファイルでも実行されます。

設定

まず、~/.xprofile ファイルが存在しない場合は作成して下さい。それからセッションで起動したいプログラムを追加してください。例:

~/.xprofile
tint2 &
nm-applet &